復縁にベストな連絡頻度とは?別れの原因・現在の状況別に解説

「元彼に連絡したいけど、頻繁にしても良いものなのかな?」

といった疑問や不安を抱かれたこともあるでしょう。

人によって別れ方も異なれば、元彼との関係性も違います。

だからこそ正しい連絡頻度って何が正解か、自分で判断するのは難しいもの。

そこで今回は、別れの原因や現在の状況別に、ベストな連絡頻度をご紹介していきます

別れの原因別!ベストな連絡頻度

別れの原因別!ベストな連絡頻度

まずは、別れの原因別からベストな連絡頻度を見ていきましょう。

彼の気持ちが冷めた場合

彼の気持ちが冷めた場合は、週に1,2度がベストです。

気持ちが冷めてしまっているため、あまり頻繁に連絡をすると「重い」と感じられてしまいます。

そのため、週に1,2度ほどの頻度を意識して、少しずつ距離を縮めていきましょう。

その上で、連絡を取らない間の行動が鍵となります。

連絡を取らない間は、SNSでの投稿を積極的に行うようにしてください

そうすることで彼の関心を引くことができ、気持ちを取り戻すきっかけになります。

彼に好きな人または彼女が出来た場合

彼に好きな人または彼女ができた場合は、3ヶ月ほど冷却期間を置きましょう

辛いかもしれませんが、別れてから3ヶ月は彼が別の女性に対して夢中になっています。

そのため、なかなかアピールが響きません。

ただ、反対に言えば3ヶ月が過ぎると気持ちが落ち着いてきて、連絡も取りやすくなります

そのため、まずは最低でも3ヶ月は連絡を取らないようにしてくださいね。

その後は彼の反応を見ながら、週に1度程度の連絡頻度からやり取りを再開しましょう。

彼を怒らせた場合

彼を怒らせてしまった場合は、月2回程度の連絡にすべきです。

怒らせてしまったということは、彼の中で今あなたの印象はとても悪い状態です。

そのため、連絡頻度が多いと彼の負担となり、余計に嫌われる原因となります

これ以上悪い印象を与えないためにも、月2回程度の連絡に留めるようにしましょう。

その上でSNSなどを利用して、自分磨きをしている様子をアピールすると効果的です。

特に別れてしまった原因を改善している様子をアピールすると、彼が復縁を前向きに考えるきっかけになります。

遠距離が原因の場合

遠距離が原因の場合は、週に2,3度の連絡がベストです。

もし遠距離が原因で別れてしまった場合、お互いの気持ちがすれ違い、印象が薄れてしまったということがほとんどです。

そのため、復縁を叶えるためには、もう一度彼の中であなたの印象を強くすることが大切となります。

だからこそ、週に2,3度と少し多めにやり取りをすべき状況です。

頻繁なやり取りをすることで、彼の中であなたの印象が強くなり、恋愛感情を取り戻すきっかけになります。

あなたから別れた場合

あなたから別れた場合は、週に1度ほどが望ましいです。

今の彼はあなたから振られたことで、傷ついてしまている状態です。

そのため、あまり頻繁に連絡をすると、余計に傷つけてしまう可能性があります。

ただ、連絡頻度が低いと、今度は彼があなたを諦めてしまいまうため、それも避けたいところ。

こうし状況を踏まえた上で、週1程度の連絡頻度がベストとなります。

あくまで最初は友達として連絡を取りながら、少しずつ元の関係を取り戻しましょう。

現在の状況別!ベストな連絡頻度

現在の状況別!ベストな連絡頻度

次に、現在の状況別の、ベストな連絡頻度をお伝えします。

ブロックはされてないけどずっと未読状態

ブロックはされてないもののずっと未読状態という場合は、月1の連絡頻度にしましょう。

未読が続いているということは、彼があなたを警戒している可能性が高いです。

そのため、今は無理に連絡を取るよりも、彼の警戒心を払拭すべき時期と言えます。

月1ほどの連絡をしつつ、その間は自分磨きやSNSのアピールを強めましょう。

そして返信がくるようになったら、少しずつ連絡頻度を高めていきます。

今の状況で連絡頻度が高いと余計に警戒され、場合によってはブロックをされてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

ずっと既読スルーをされている

ずっと既読スルーをされている場合は、週に2回程度の連絡にしましょう。

こちらも未読状態と同様、彼があなたを警戒している可能性が高いです。

ただ、既読をつけているということは、あなたの連絡が気になっている証拠でもあります。

この場合、あなたに未練がないと分かれば、すぐに返信してくれる可能性が高いです。

なので、週に2度程度、要件を明確にした連絡をしましょう。

ここで未練を感じさせる連絡をすると逆効果なので、連絡をする際の内容にも気をつけてくださいね。

返信はある時もあればない時もある

返信はある時もあればない時もある、という状況の場合、週に1度の連絡にしてください。

彼はあなたのことを嫌っていませんが、接し方に戸惑いがある状態です。

そのため、返信があるからと言って連絡頻度を高くすると、警戒されてしまう恐れがあります。

あまり積極的になり過ぎず、週1程度の連絡頻度で慎重に距離を縮めましょう。

ただ、彼のレスポンスが早い時は、数日に渡ってやり取りを続けても問題ありません

それによりぐっと距離が縮まるきっかけにもなるので、彼の反応をよく見ることが大切です。

連絡をすれば返信はある

連絡をすれば返信はあるという場合、週に2,3度の連絡をしていきましょう。

返信が必ずあるということは、彼はあなたからの連絡を迷惑に感じていない証拠です。

だからこそ、ここで連絡頻度を高めることにより、今よりも距離が縮まるきっかけになります。

ただ、連絡頻度を高めるということは、彼に対する連絡内容が重要となってきます。

彼が関心を持てない内容で連絡をしても、距離を縮めることはできません。

そこで、彼の趣味についてだったり、共通の趣味について話したりと、とにかく彼が「楽しい」と思える連絡を意識してみてくださいね。

彼から連絡がある

彼から連絡がある場合は、「彼に合わせる」ということを意識しましょう。

あなたから連絡しなくても彼から連絡がある場合、彼の中であなたの存在が大きいということになります。

そのため、連絡頻度を彼に合わせることでさらに彼の印象が良くなり、距離も縮まりやすくなるのです。

ただ、もし彼からの連絡頻度が低くなった場合、他のことに意識がいってしまっている場合があります。

その場合は、週1程度であなたから連絡をしてみてください。

元彼と連絡を取る時に気をつけるべきこと

元彼と連絡を取る時に気をつけるべきこと

最後に、元彼と連絡を取るときに気をつけるべきことについて、解説していきます。

温度差を出さないようにする

1つは、温度差を出さないようにするということです。

やり取りする上で温度差があると、警戒されたり、不信感を持たれる可能性があります。

そのため、彼の温度に合わせることを意識してみてくださいね。

特に文字数や絵文字の数などは温度差が出やすいので、注意するようにしましょう。

付き合っていた頃と同じような連絡も温度差が出やすいので、注意が必要です。

焦って気持ちを伝えない

2つめは、焦って気持ちを伝えない、ということになります。

彼と連絡を取っていると、つい気持ちが焦って想いを伝えたくなるでしょう。

ですが、やり取りをしている段階ではまだ、彼が復縁を前向きに考えている可能性が低いです。

そのため、焦って気持ちを伝えると、彼が「期待させないようにしよう」と感じてしまいます。

結果として、返信がこなくなったり、ブロックされてしまことも考えられるため、気持ちを伝えるタイミングはかなり慎重に判断しましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

一言で「連絡頻度」といっても、迷ってしまうとことでしょう。

ですが、ベストな頻度は別れの原因や、今の状況によってかなり違ってくるものです。

ご自分の状況と照らし合わせて連絡頻度を変えることにより、彼との距離をスムーズに縮めていきましょう。