復縁できる言葉|告白前~告白で使える元彼とよりを戻す言葉

人と人とのコミュニケーションの中で、とても大きな役割を担っているのが「言葉」です。

元彼のことがまだ好きで、彼にまた自分を好きになってもらいたいと思っているのなら、言葉の力を使って彼の心を動かしましょう。

この記事では、元彼への言葉選びの前提や、告白の前にさりげなく仕込む復縁できる言葉、そして告白で使って元彼の心を掴む復縁できる言葉についてご紹介していきます。

元彼と接する機会があれば、この記事でご紹介する言葉を使って彼との距離を縮めてくださいね。

復縁できる言葉は別れ方や元彼の性格で違う

復縁できる言葉は別れ方や元彼の性格で違う

この記事では、ここから復縁できる言葉を紹介していくわけですが、紹介するフレーズをそのまま順に使っていけば元彼に必ず響くわけではありません。

別れ方や元彼の性格によって、彼に響く言葉は違ってきます。

よく元彼のことを観察し、彼との過去を振り返ることで、彼に響く言葉を選ぶことができるのです。

例えば、あなたの浮気が原因で振られている時には「大好きだよ」と愛の言葉だけ並べても、元彼はしらけてしまうでしょう。

元彼の心を動かすには、あなたが反省し、また付き合ったとしたら同じことをしないと決意していることを伝える言葉を選ばなくてはいけません。

復縁したいなら、いきなり告白しないで

復縁したいなら、いきなり告白しないで

告白した瞬間に、元彼の心が180度変わることはありません。

ですから、復縁したいならいきなり告白しないでください。

告白前に元彼の意識を少しずつ復縁に向けて動かしていき、告白の言葉は最後のひと押しとして使うべきです。

告白がうまくいくかを左右するのは、告白の言葉ではなく、告白の前に元彼と交わした会話だと言えます。

告白しようと思ったら、数ヶ月前から告白を成功させるための準備を始めることで、成功率をあげることができます。

告白の前にさりげなく仕込む、復縁できる言葉

告白の前にさりげなく仕込む、復縁できる言葉

告白の前に、どれだけ元彼に響く言葉を伝えたかは、復縁できるかどうかに関わってきます。

しっかり元彼の心に響く言葉を伝えられていれば、自分が告白する前に元彼から復縁を持ちかけてもらえる可能性もあります。

ここから、告白の前に元彼にさりげなく伝えたい、復縁できる言葉をご紹介していきますね。 

「付き合ってきた中で○○が一番、私を幸せにしてくれた」

男性は女性と比べプライドが高く、他者から評価されることに拘る傾向があります。

「付き合ってきた中で一番、私を幸せにしてくれた」は、男性が元カノにしたことの成果を「一番」という言葉で評価しているフレーズです。

このような言葉をかけられると、男性のプライドは満たされます。

そして、プライドを満たしてくれる女性に好意を抱くようになります。

もし元彼がプライドが高いタイプなら、積極的にこのフレーズを使ってみてください。

「今ならもうちょっと上手くやれる気がするんだよね」

告白する前には、昔の自分と今の自分が違うということを元彼にしっかり伝えておく必要があります。

元彼の前で、今の自分は過去を客觀視していて、もう一度元彼と付き合えたら前とは違うのだという言葉を口にしましょう。

このような内容を元彼に伝える時には、復縁を迫るような口調ではなく、冗談めかした口調を意識してください。

さらっと伝えるからこそ、元彼の心に言葉が残るのです。

あまり真剣に伝えると、元彼にプレッシャーを与えることになるので注意しましょう。

「言い忘れてたけど、私と付き合ってくれてありがとうね」

もし、別れ際にちゃんと元彼に感謝を伝えていないのなら、改めて彼に感謝する言葉を伝えてみてください。

別れてからこんなことを伝えるのは勇気がいることかもしれませんが、元彼の心を復縁の方向へ動かすには、感謝がとても効果的です。

「付き合ってくれてありがとう」と言われることで、元彼の記憶の中であなたと付き合っていたことが「いい思い出」として意味づけされます。

付き合った記憶がいいものになったことで、再び付き合うことへのハードルもグッと低くなるのです。 

「後悔ばっかりだけど、次の恋愛では後悔しないように頑張る」

昔のことを後悔していると未練がましくないように元彼に伝えると、復縁の可能性を引き上げることができます。

ただ「後悔している」という言葉を未練があるというニュアンスを含まずに言うのは、とても難しいです。

未練が元彼に伝われば、彼はプレッシャーを感じ、あなたから離れようとする可能性も高いです。

元彼にプレッシャーをかけないために「次の恋愛では後悔しないように頑張る」と、あなたが復縁ではなく次の恋愛の方向を見ていることもセットで伝えましょう。

そうすることで、元彼はあなたがもう自分を見ていないという寂しさを感じ、復縁したいような気持ちが彼の中に生まれるのです。

「あの時、楽しかったね。覚えてる?」

元彼と話している時には、さりげなく昔の楽しかった思い出の話をしてみましょう。

元彼の中に、あなたと付き合っていた頃の良い思い出が蘇ると、復縁したい気持ちは起きやすくなります。

復縁するには、お互いが未来の方向を見ている必要がありますから、元彼に「過去の話ばかりしている」と思われると、復縁に逆効果になる可能性もあります。

別れて3ヶ月以上経ってから、始めて過去の思い出について触れることで、元彼の心に確実に響くでしょう。 

告白で使って元彼の心を掴む、復縁できる言葉

告白で使って元彼の心を掴む、復縁できる言葉

いよいよ告白しようという時には、できるだけ元彼の心にあなたの思いがちゃんと伝わる言葉を選びたいですよね。

ここからは、元彼の心を掴む、復縁できる告白の言葉をご紹介していきます。

「ごめんなさい。私が間違ってたって気づいた。復縁してください」

この告白の言葉には、

  • 謝罪する
  • 自分の間違いを認める
  • お願いする

という3つの、男性のプライドを満たす要素が入っています。

もし、元彼が極度にプライドが高いタイプであるか、またはあなたが彼のプライドを傷つけてしまっている時には、このようにプライドを満たすことに重点を置いた告白の言葉を選びましょう。

あなたが元彼を振っていて、復縁を望んでいる場合にも、このようなフレーズを使って告白をすると成功率が上がります。

「人生で一番好き。あなたの側で生きていきたい」

男性が好きな「一番」という表現を盛り込んで、ストレートに好きと言う気持ちを言葉にします。

それも「あなたの側で生きていきたい」と言うことで、ただ単に好きなのではなく、この先の人生を捧げるくらいの覚悟があって告白しているのだと伝わります。

こんな告白をされたら、元彼もあなたを無下にはできないはずです。

倦怠期に別れてしまっていたり、元彼の恋愛感情が冷めてしまっている時には、このように好きという気持ちを押し出して告白すると、効果的です。

「失望させないように頑張る。だからもう一度チャンスをくれない?」

元彼が情に厚いタイプであれば、謙虚で健気な言葉が彼の心に響くでしょう。

こんな元彼には、これからふたりの関係を良くするために自分が頑張るという気概と、チャンスが欲しいというお願いする姿勢のダブルパンチで、復縁したい気持ちをアピールしてください。

「チャンスをくれない?」と告白する時には、すぐに相手に答えを求めず、3ヶ月ほど定期的に会って復縁を検討してもらうようにすることをお勧めします。

情に厚い元彼は、あなたが復縁のために努力している姿を数ヶ月に渡って見ていれば、復縁したくなるはずです。 

「傷つけたこと後悔してる。今度はもっと幸せにするから」

あなたが原因で別れてしまっている場合、後悔の気持ちと、これからは自分が積極的に元彼を幸せにする覚悟を伝えます。

別れの原因が自分にある時には、軽い言葉で復縁の告白をすると、元彼を苛立たせてしまうでしょう。

過去をちゃんと重く受け止め、それを引き受けて今後は絶対にもう過ちを繰り返さないという気持ちを込めて、このような真剣な告白をしてください。

付き合っていた時に、元彼に頼りっきりだったというケースでも、このように「自分が積極的にあなたを幸せにする」という意気込みを感じる言葉は響きやすいです。

言葉の効果を引き出すには表情と目線が大事!

言葉の効果を引き出すには表情と目線が大事!

言葉にこだわりすぎて、表情と目線が疎かになると、言葉の効果が最大限に引き出されません。

言葉を伝える時には、元彼の目を見て、笑顔を忘れないでください。

笑顔は相手の警戒心を解き、心を開いてもらうために不可欠な要素です。

もし、電話などで目線と笑顔が伝わらない状況で元彼と話すのなら、声をワントーン高くすることで、笑顔で話しているイメージを彼に伝えることができます。

まとめ

まとめ

この記事では、復縁できる言葉についてお伝えしてきました。

いきなり告白するのではなく、告白の前から復縁に効果的な言葉を日頃から元彼に伝え、彼の気持ちを少しずつ復縁に向けていくことが大事です。

また、復縁できる言葉は、別れ方や元彼の性格によって微妙に変わってきます。

記事を参考に、元彼との関係や彼の生活を踏まえて言葉を選んでみてください。