復縁は一年後がベスト!その理由と再会のためにするべきこと

元彼と別れてから一年経った時に復縁したいと思っても、

「復縁したいけど、今更遅いかな…」

「やっぱり好き。でももう彼女とかできてるかもしれない」

といった不安が芽生えてしまいますよね。特に彼と連絡を取っていないと彼が今どんな状況なのかわからず、連絡をすることさえ躊躇してしまうかもしれません。

ですが実は、別れてから一年後とい時期は、復縁が叶いやすいと言われているんです。

本日はその理由をお伝えするとともに、一年後に復縁を叶えるためにしておくべきことや、実際に復縁を叶える方法などもご紹介していきます。最後までお見逃しなく!

一年後の復縁が叶いやすい理由

一年後の復縁が叶いやすい理由

まずは、一年後の復縁が叶いやすい理由からみていきましょう。

お互いの良さに気付く

お互いの良さにに気付く、ということが言えます。別れてすぐというのは、お互いに感情的になっている状態です。

そのため「もう関わりたくない」と思ったり、恋人を失った喪失感よりも、負担に感じていた恋人と離れたことによる開放感が勝る瞬間の方が多いでしょう。

ですが一年後にはその開放感が薄れていき、喪失感の方が強くなっていきます。

そして、冷静になって付き合っていた頃のことを思い出し、「喧嘩もたくさんしたけど、優しかったな」などとお互いの良さに気付くようになるのです。

お互いに成長している

お互いに成長している、ということもあります。別れたことにより、お互いに自分の悪かったところを反省したり、「もう次の恋では同じことを繰り返さないようにしよう」という意識が高まります。

そのため、自分の悪かったところを改善しようとする意識が芽生え、一年後には心身ともに成長している、という方が多いです。

このようにお互いにが成長した状態で一年後に再会すると、「あの時よりもうまくやっていける気がする」という自信が持てるため、お互いに復縁を前向きに考えることができるのです。

彼の中で元カノに対するマイナスイメージが薄れている

彼の中で元カノに対するマイナスイメージが薄れている、ということも考えられます。

先述した通り、一年後は別れたことの開放感より、喪失感が強くなる頃です。それと同時に、別れた直後に抱いていた元カノへの不信感やマイナスイメージが、時間をともに薄れていきます。

むしろ「確かに喧嘩も多かったけど、なんだかんだ頼りになったな」などとプラスな部分を思い出すようになるのです。その気持ちが、復縁を意識するきっかけとなります。

一年という節目で元カノを思い出すタイミングがある

一年という節目で、元カノを思い出すタイミングがある、ということも理由の一つです。

別れてから一年が経過すると、その間に元カノと一緒に過ごしてきた記念日やクリスマス、お互いの誕生日といったイベントを、一人で過ごす機会が多くなります。

そうなると、そのイベント毎に「今頃何してるんだろう」「去年は楽しかったな」などと元カノのことを思い出すタイミングがあり、その機会が多ければ多いほど、元カノへの関心が高まります。

特に別れてから新しい出会いが一切なかったり、恋人ができていない状態だと復縁を望む気持ちが芽生えやすいです。

一年後に復縁を叶えるためにしておくべきこと

一年後に復縁を叶えるためにしておくべきこと

次に、一年後に復縁を叶えるためにしておくべきことについて、解説していきます。

自分磨きをする

自分磨きをしましょう。これは復縁を叶える上で、絶対と言っても過言ではないほど必要になってきます。

内面も外見も自分磨きをして、彼に「変わったな」と見えることができれば、復縁はすぐにでも可能となります。

反対に一切変わっていない状態だと、一年後に再会したところで「そういえばこういうところが嫌だったんだ」とマイナスな部分を思い出されてしまい、復縁には至りません。

一年という月日を無駄にしないためにも、しっかり自分磨きをして自信を持って彼と再会できるようにしましょう。

男性心理を学ぶ

男性心理を学ぶ、ということも大切です。

男性心理を学ぶことにより、今まで理解できなかった彼の考え方や思考の傾向がわかるようになります。

そうすると、「あの時はあぁしてあげれば良かったんだ」「こういう時はこうすれば良いんだ」などと、彼と接する上でのベストな対処法がわかるようになるのです。

このように彼への理解が深まることで彼への接し方が変わってくるため、一年後に再会した際に「前より居心地良いな」と感じてもらうことができ、復縁に繋がっていきます。

SNSで前向きな姿を投稿する

SNSで前向きな姿を投稿する、というのも効果的です。別れてから一年間は、彼と連絡を取るのは必要最低限にしましょう。その上でSNSで前向きな姿を発信していくことにより、彼にプラスな印象を与えることができます。

また、「元気で良かった」と思ってもらうと同時に、「俺がいなくても元気そうだな…」と、喪失感も感じてもらうことができるのです。

どちらの感情も復縁に前向きに繋がっていくものなので、SNSでの投稿は積極的にしていきましょう。

復縁へのモチベーションを保つ

復縁へのモチベーションを保つということも、必要です。

モチベーションを保つことにより、先述した自分磨きやSNSの投稿も積極的に行うため、その分復縁の可能性も上がります。

ですが一年という期間は、過ぎてみれば早いものですが、過ごしている最中は長く感じるでしょう。

そんな中で復縁へのモチベーションが下がってしまうこともあると思いますが、そうなると努力を怠ってしまい、せっかくの一年という期間が意味のないものになってしまいます。

そうならないためにも、「彼と絶対復縁する!」という前向きな考えを持ち、モチベーションを保てるように意識していきましょう。

一年後に復縁を叶えるための方法

一年後に復縁を叶えるための方法

続いては、一年後に復縁を叶えるための方法について、ご紹介していきます。

まずは軽く連絡をする

まずは、軽く連絡をしてみましょう。「ひさしぶり!元気?」といった、友達に送るような軽い挨拶程度がベストです。

気軽さが伝われば彼も返事をしやすいですし、「何か用事?」と聞かれても、「ただ元気かなって思って!」と明るく返答すれば、会話が途切れることはありませんよ。

ここで注意したいのは、復縁を匂わせる発言をしない、ということです。

この時点ではまだあなたが変わったということが彼に伝わっていないため、復縁を匂わせることで警戒され、返信が返ってこなくなる可能性が高いです。

あくまで友達としての接し方を徹底しましょう。

あまり長くやりとりせず会う約束を取り付ける

連絡をしたらあまり長くやりとりをせず、会う約束を取り付けるようにしましょう。

一年という期間があったからこそ、お互いの近況について話したり、どんな様子なのか知りたいですよね。

そんな時にだらだらと文字でのやりとりを続けてしまうと、その中でお互いの近況報告をして、満足してしまう可能性が高いです。

そうなると会うメリットも感じてもらえません。

反対に、会うことであなたの変化が伝わればすぐに彼は復縁を前向きに考え、そこからはスピーディーに復縁まで進んでいくでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

別れてから一年という時間が経っていると、離れたからこそわかるお互いの良さに気が付いたり、付き合っていた時に抱いたマイナスな印象が薄れます。

そのため別れた直後よりも断然復縁の可能性が高く、一度再会したら進展のスピードも早いでしょう。

ですが気をつけて欲しいのが、無駄な一年間を過ごさない、ということです。

極端に言えば一年後に彼と再会した時、「変わった」と思ってもらえれば復縁できますし、「変わってない」と思われれば復縁はできません。

このことを忘れず、別れてから一年間は外見・内面ともに自分を磨き、成長した姿で彼に会えるように準備をしましょう!