復縁に必要な冷却期間はどのくらいなのかを徹底分析します!

復縁に必要な冷却期間
クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月16日(日)まで>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを神秘のタロットカードで解決します。

復縁業界で今注目の復縁タロット占いで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※その場で結果が見れます
※20歳以上の女性限定です

復縁するのに必要な冷却期間ってどのくらいか知っていますか?

実は、あなたと元彼が別れた”原因”や今あなたが置かれている”状況”、そして”元彼の性格”によって、必要な冷却期間は変わります

もしかしたら冷却期間は必要ないかもしれませんし、もしかしたら1年間は冷却期間を置かなければいけないかもしれません。

そこで本記事を読んでいただくと、あなたに必要な冷却期間の目安が分かるようになっています。

冷却期間を置かなければいけないのに連絡やお誘いをすれば、復縁から遠ざかります。

逆に、冷却期間を置かなくていいケースなのに行動を控えれば、復縁のチャンスを逃します。

以上のような事故を防ぐため、本記事を読んで復縁を叶えるための必要な冷却期間を知りましょう。

「冷却期間を置く」とは

冷却期間とは

「冷却期間=元彼と交わらない期間」ですが、具体的にどういう行動を指すのかをここで確認しましょう。

”冷却期間を置いているつもりなのに効果がなかった”という事故を防ぐためです。

連絡を取らない

冷却期間中は、元彼に連絡を送ってはいけません

ただし、もし元彼から連絡があった場合は返信して大丈夫です

元彼から連絡があるのはあなたに少なからず好意がある合図となるので、むしろ無視すれば元彼の熱が冷める恐れがあります。

自然に返信してください。

会わない

冷却期間中は、元彼と会ってはいけません

ただし、職場や学校が一緒といった状況の場合は仕方がありません。

その場合は、必要最低限の会話のみ交わすようにしてください。

SNSで絡まない

冷却期間中は、SNSで絡んではいけません

ただし、元彼が絡んできた場合は無視しなくて大丈夫です。

前述したように元彼の好意がある合図かもしれないので、自然に対応しましょう

冷却期間を置く必要性

冷却期間の必要性

冷却期間を置かなければならない理由も確認しておきましょう。

必要性を知ることで、冷却期間を乗り越える原動力に繋がるはずです。

マイナスイメージを和らげるため

元彼の中には、元カノに対するマイナスイメージが残っています。

口喧嘩した過去やすれ違った苦い思い出などが残っていると、「復縁してもうまくいかない」という思考が元彼の中で強くなります。

時間を置いて、嫌な過去をまずは忘れてもらいましょう。

男性は思い出に恋するから冷却期間が効果的

ちなみに男性は思い出に恋する傾向が強いです。

これは、男性特有の「”嫌い”という感情を忘れる」という特徴が理由です。

女性は辛かった出来事をずっと忘れませんが、男性は逆。

そういう意味でも、冷却期間を置けば復縁できる可能性がグッと高まるのです

あなたに変化を身につけるため

冷却期間は、ただ待つだけではありません。

元彼に、昔とは違うプラスな印象を与えるための”準備期間”でもあります。

過去よりも魅力的な元カノを感じることで、元彼の中に”復縁したい気持ち”が芽生えます

どういうふうに変化を身につければいいのかは後述しているので、参考にしてください。

冷却期間の目安〜別れの原因編〜

別れの原因による冷却期間

それでは、あなたに必要な冷却期間をこれから紹介します。

冒頭でお伝えしたように、「別れた原因」と「元彼との今の状況」、「元彼の性格」によって必要な冷却期間は変わります。

まずは、「別れた原因」の観点から必要な冷却期間を確認していきましょう。

冷却期間が必要ない場合

冷却期間を要しない別れの原因は、以下です。

  • 両親の反対
  • 引っ越しによる遠距離

このような場合は冷却期間を一切置かない方が良いです。

お互い好きな気持ちがあるのにもかかわらず別れたケースとなるので、熱が冷めないうちに関係の修復を試みることが最善でしょう

変に距離を置いて元彼に新しい出会いがあれば、新たな彼女を作られる恐れがあります。

必要な冷却期間が2週間の場合

2週間の冷却期間を要する別れの原因は、以下です。

  • ちょっとしたことでの口喧嘩
  • 元彼の嫉妬

以上のような出来事が別れの原因の場合、あまり期間は置かない方が良いでしょう。

ちょっとしたことでの口喧嘩

些細なことで口喧嘩した場合は「勢い」で別れた可能性が高いです。

そのぶん「後悔」の気持ちを抱いている可能性も高いと言えます。

そのため、お互い冷静になった頃に連絡を送ることで和解し合えるはず。

逆にずっと時間を置けば気まずさが増し、歩み寄るタイミングを見失うので気をつけましょう。

その間に元彼が他の存在を気にかける恐れもあります。

元彼の嫉妬

嫉妬と愛情は表裏一体です。

好きな女性にしか嫉妬はしません。

元彼の嫉妬によって別れを切り出されたのなら、それは「俺と別れて後悔してほしい」「俺を追いかけてほしい」というメッセージ。

その気持ちに素直に従い、連絡を送るなり好意を見せるなりアプローチすることが吉でしょう。

必要な冷却期間が1ヶ月の場合

1ヶ月の冷却期間は置かなければいけない別れの原因は以下です。

  • 浮気の判明(自分の)
  • 束縛(元彼の時間を奪う)
  • ぎこちなさ(元彼の前で自然体でいられない)

それぞれ理由を説明します。

浮気の判明(自分の)

女性側が浮気した場合、男性は「他の男に負けた」というショックと共に傷つきます。

その気持ちは「悔しさ」でもあるので、「なんとかして元カノを振り向かせたい」という熱に繋がることも。

とはいえ浮気の判明直後は非常に傷ついているので、すぐにアプローチをしても拒否られさらに心を閉ざす恐れがあります。

なので1ヶ月ほどの冷却期間を置きつつ冷静さを取り戻させ、元彼の熱が冷めないうちにアプローチをすることが妥当でしょう。

束縛

束縛をすれば、「付き合ったら俺の時間がなくなる」と勘違いをされます。

そのマイナスイメージが和らぐには、ちょっとやそっとの時間では足りません。

1ヶ月ほど時間を置いて過去の悪い印象を和らげつつ、昔とは違う印象を感じてもらうためのチャンスをもらいましょう。

例えば、元彼と会って過去に対する謝罪を述べつつ再度告白をするなど。

男性は、彼女ができると途端に自分の時間を大切にします。

彼女ができたという満足感が恋愛欲求を満たし、今度は他の欲求を満たし始めようとするからです。

これは男性特有の性質でもあり、決して彼女に対して関心がなくなったわけではありません。

こういった理屈を把握しておくだけでも、束縛の抑制になるはず。

ぎこちなさ

リラックスした状態・自然体の状態でいられなかった場合、「一緒にいても癒されない」「変に疲れちゃう」という印象を持たれることが多いです。

その状態でいきなり会おうとしても元彼は前向きに受け入れてくれないので、1ヶ月ほど時間を置きましょう。

その上で元彼と会う約束を取り付け、友達としての距離感で接してみましょう。

そこでリラックスできる新たな関係性を築くことに成功すれば、「俺が知ってる元カノじゃない」という気付きから復縁を考えるようになるかもしれません。

必要な冷却期間が3ヶ月の場合

3ヶ月は冷却期間を置かなければいけない別れの原因は以下です。

  • 過度な束縛
  • 元彼の仕事の都合
  • 過度な喧嘩頻度

それぞれの理由を以下に挙げます。

過度な束縛

連絡が取れない間しつこく電話をかけたり、他の女性と関わることを一切禁止したりするなど、元彼の行動を大きく制限する束縛をした場合はそれなりに期間を空けなければなりません。

負担を与えた分だけ、マイナスイメージが払拭されるまでの時間も膨らみます。

十分に時間を置いて、元彼の中に「元カノ、元気にしてるかな」といった気持ちが少しでも芽生えるよう耐え抜きましょう。

そういう意味で、最低でも3ヶ月は冷却期間を取るべきです。

元彼の仕事の都合

仕事を言い訳に別れを告げられた場合、原因は「仕事以外」であることが多いです。

本当に彼女を愛しているのならば、仕事が忙しくても彼女のための時間を作るはず。

しかし本当の理由を言わないまま去っていったということは、最初から向き合うことを諦めていたということになります。

この場合は、冷却期間を設けて過去を振り返りつつ、何がいけなかったのか・どうすればよかったのかを考える必要があります。

その上で元彼と再会し、プラスイメージを印象付けることが大切になるでしょう。

過度な喧嘩頻度

何度も喧嘩が積み重なって別れとなった場合、「会うたびに喧嘩する」というイメージが元彼の中に残ります。

男性は恋愛に癒しを求めるので、何度も喧嘩が重なれば「彼女にするのは無理」と勘違いされます。

過度な束縛をした場合は、3ヶ月徹底して冷却期間を置くだけでも印象がガラッと変わるはず。

長い時間を空ければ関係がリセットされるので、その上で新たな関係性を築くことです。

必要な冷却期間が半年の場合

  • マンネリ化
  • 元彼の浮気
  • 婚約破棄

別れの原因が以上の項目に該当する場合、半年は冷却期間を置きたいところです。

マンネリ化

マンネリ化で別れた場合、新鮮さを取り戻すことで復縁することができます。

新鮮さを取り戻すには、時間に頼るのが一番です。

会わない時間を設けることで、再びお互いがお互いを求める瞬間が訪れるでしょう。

むしろ、別れてからもちょくちょく会い続けるのは危険です。

ずるずる引っ張ると、いつまでも新鮮さが訪れず恋愛感情が冷める恐れがあるので気をつけましょう。

元彼の浮気

元彼が浮気して別れた場合、元彼の恋愛感情は浮気相手に傾いています。

その状態でいくらアピールをしても、「追いかけたがる男性」を引き戻すのは難しいでしょう。

浮気をされた場合は徹底して元彼から離れる姿勢を取ることです。

元カノが離れていくことを実感すれば、「追いかけたい」気持ちが芽生えるはず。

半年くらい長い時間をかければ、元カノを失ったことへの後悔が募るでしょう。

婚約破棄

どういう経緯であれ、婚約破棄となった男女がすぐに復縁できたケースは稀です。

婚約破棄になったということは、それくらい「別れた方がいい」という気持ちが強かった意味を表します。

そのためお互い距離を取り、お互いや過去を冷静に見つめ直す時間が必要となるでしょう。

その中で新しい価値観や気付きが得られれば、「もう一回元カノと向き合ってみようかな」という前向きな心理が生まれるかもしれません。

必要な冷却期間が1年の場合

  • 体の相性の悪さ
  • 離婚
  • 過度な暴言

これらに当てはまる場合、1年は冷却期間を置きましょう。

体の相性の悪さ

セックスの重要度は男性の方が女性よりも高いです。

体の相性が悪いと恋愛感情も自然に冷める傾向があります。

体の相性は時間が解決してくれるわけではないので、お互い距離を空けながら新しい価値観を見つけることが復縁のきっかけになるかもしれません。

離婚

一般的なカップルの別れと、夫婦の離婚は意味合いが違います。

離婚は相当な意思があっての別れだったはずなので、そのマイナスな過去を和らげるには数ヶ月ほどの冷却期間では足りません。

1年は距離を置いて、一から関係を構築することです。

一から関係を構築するということは、関係自体を理設置すること。

そういう意味でも、最低でも1年は冷却期間が必要となるでしょう。

過度な暴言

女性として、人としてありえない暴言を吐いたことがある場合は大きなマイナスイメージを持たれています。

いくら男性が悪い過去を忘れやすいとは言っても、深く傷付ける言葉を言った場合は大きな冷却期間を設ける必要があるでしょう。

「元カノ=暴言を吐かれる」という認識は、ちょっとやそっとの時間では崩れません。

しかし1年ほど徹底して距離を置けば、会ってくれるチャンスが訪れるはず。

そこで、1年かけて身につけた変化を元彼に印象付ければ関係修復は見込めます。

冷却期間の目安〜今の状況編〜

現状と冷却期間

「元彼との現状」によっても冷却期間の目安は変わります。

例えば、「別れの原因」で見た場合の冷却期間が1年だとしても、元彼との現状によっては冷却期間は必要なくなっているかもしれません。

以下の項目をチェックして、引き続き冷却期間の目安を知りましょう。

冷却期間が長くなる場合

まずは、冷却期間が長くなる「元彼との今の状況」からまとめます。

返信がない状況で何度も連絡を送っている

既読無視や未読無視をされたあとに、何度もLINEを送っている場合は冷却期間をさらに設ける必要があります。

返信がないのは、まだ元カノに対してマイナスイメージがあるからです。

連絡を送り続けると、そのマイナスイメージが和らぐ時間が作られずずっと距離が縮まりません。

まずは連絡を遮断した上で、さらに3ヶ月ほどの冷却期間を置きましょう。

ブロックされて連絡ができない

別れてからブロックされた場合、冷却期間をさらに3ヶ月ほど追加した方が良いです。

それだけ元カノに対するイメージがマイナスに偏っている合図になるからです。

無理に連絡を取ろうとしても引かれることになるだけなので、待ちの姿勢を取るようにしましょう。

ストーカーまがいなことをした

「遠距離なのに元彼の家の玄関前で待っていた」「元彼の会社の帰り際に話しかけた」など、ストーカーに近いような行動を取った場合は冷却期間をさらに設けましょう。

付き合っていた時の嫌な思い出を忘れてもらうことが冷却期間の目的です。

そんな中で、別れたあとに元彼にとって負担になるような出来事が起きれば本末転倒です。

もし以上のような行動を起こした場合は3ヶ月の冷却期間を空けましょう。

セフレになっている

別れた後も体の関係だけが続いている場合、距離を置かなければなりません。

この場合は、冷却期間を置くというよりも、元彼から復縁を申し込んでくれるまで待つようにしましょう。

その間は絶対に体の関係を持ってはいけません。

会うのも、3回に1回は断るなどして「簡単に思い通りにならない女」として認識させましょう。

「いつでも手に入る」という安心感が復縁を遠ざけると思ってください。

冷却期間が短くなる場合

続いて、冷却期間が長くなる「元彼との今の状況」をまとめます。

元彼からLINEが来る

別れてから今まで元彼から連絡があった場合、もしくは今も連絡が続いている場合、冷却期間は必要ありません。

どんな理由があるにせよ、元彼の主体的な連絡があったのは元カノに対する関心が少しでもあったからです。

熱があるうちに距離を縮めることが復縁の鍵となるので、元彼から連絡が来る距離感であれば冷却期間は取らないほうが良いでしょう。

ちょっとした食事やカフェなど、気軽に誘ってみてください。

※体の関係が続いている場合は冷却期間を設けましょう。

元彼にSNSで絡まれる

TwitterやInstagramで、元彼から絡まれることはありますか?

もしあるのなら、それはあなたに対する好意の表れです。

この場合も、冷却期間は作らなくて大丈夫です。

元彼の好意があるうちに食事や飲みなどで接点を作っていきましょう。

※こちらも前項目と同様、体の関係が続いている場合は冷却期間を設けてください。

別れ際が綺麗だった

現状ではなく別れ際のお話になりますが、円満に別れた場合は冷却期間が短くなります。

円満な別れ方とは、「笑顔で別れられた」「”友達としてよろしく”とお互い言い合って別れた」といったケースが当てはまります。

この場合は、3ヶ月ほど冷却期間を短くしても構いません。

別れ際のイメージが綺麗なほど、元彼は過去を良き思い出として受け入れる可能性が高くなるからです。

冷却期間の目安〜元彼の性格編〜

冷却期間の目安

最後に、元彼の性格による冷却期間の変動について紹介します。

復縁しやすい性格、しにくい性格があるので、元彼の性格を思い返しながら以下を読んでみてください。

冷却期間が長くなる場合

まずは冷却期間が長くなる場合の元彼の性格から紹介します。

プライドが高い性格

プライドが高い男性は復縁しにくいです。

関係がこじれた相手と分かち合うことに対し、プライドの高さゆえに前向きになれないことが多いからです。

また、別れを決断した自分の気持ちを曲げたくないという思いが強くなることも。

元彼がプライド高い性格をしている場合は強引に関係を作ろうとせず、焦らずゆっくり関係を作っていく意識を持ってみてください。

2,3ヶ月多く冷却期間を取ると良いでしょう。

頑固な性格

頑固な男性は、自分の考えにとにかく固執します。

恋人との別れを選択した過去の自分を肯定し続けるので、”復縁してもうまくいかない”というイメージに囚われている可能性が高いです。

なので元彼の性格が頑固な場合、気持ちが変わるのに比較的時間を要します。

こちらも2,3ヶ月多く冷却期間を見ておくと良いでしょう。

冷却期間が短くなる場合

続いて、冷却期間が短くなる場合の元彼の性格をまとめます。

以下の性格に当てはまる場合は、復縁しやすいと言えるでしょう。

寂しがりな性格

元彼が寂しがりな性格をしている場合、復縁のチャンスが増えます。

冷却期間をきっちり守らなくても、元彼が心を開いてくれる可能性が高くなるということです。

元彼が寂しがりな場合は冷却期間中であっても

・元彼の誕生日
・クリスマスなどのイベント日

といったタイミングで連絡を送るなどアプローチをしてみる価値はあるでしょう。

気分屋な性格

元彼が気分屋な性格をしている場合、復縁のきっかけが生まれやすいです。

元カノに対する気持ちが変化しやすいからです。

とあるきっかけから、復縁を意識する展開もありえます。

なので元彼が気分屋な場合、2,3ヶ月ほどは冷却期間を短くしても良いでしょう。

必要な冷却期間を大まかに把握しよう

冷却期間の把握

別れの原因、別れてからの状況、元彼の性格から大体の冷却期間が出たと思います。

「大体○ヶ月くらい」というふうに、大まかに把握すれば大丈夫です。

その期間は、元彼にアプローチせず徹底して距離を取りましょう。

そして冷却期間中にやるべきことをやり、復縁の可能性を高めるのです。

冷却期間中にやっておくべきこと

せっかく冷却期間を設けても、その間に何もしないのはもったいないです。

やるべきことをやって、復縁のチャンスを手にしましょう。

外見の変化を一つ身につける

見た目の変化は復縁にかなりの効果があります。

新鮮な印象を与えることが新たな関係を構築するための大きな要素になるので、変化した見た目を作ることが大切です。

おすすめは、ダイエットかメイク、ヘアスタイルの研究です。

付き合っていた頃よりも綺麗になることは、シンプルにして非常に効果のある方法となります。

冷却期間を置いた後に変化した自分の姿を印象付けることで、一気に元彼の心を引き寄せられるはず。

気持ちの余裕を身につける

復縁を望めば望むほど、元彼に対して感情的になったり思ってもいないことを言ったりすることがあります。

せっかく冷却期間を置いたのに、マイナスな印象を与えては努力が水の泡です。

また、気持ちに余裕がないと挫折し冷却期間を乗り越えられなくなります。

なので、いつ元彼と会ってもいいよう、冷却期間を乗り越えられるよう、気持ちに余裕を作っておくことが大切になります。

気持ちに余裕を作る具体的な方法は

・元彼を考えない時間を設ける(趣味や没頭できることを意図的に作る)
・定期的に友人と会う(一人になる時間を減らす)

です。

冷却期間中の注意点

冷却期間

冷却期間を乗り越えるにあたり注意する点があるので補足します。

あらかじめ以下を踏まえ、スムーズに復縁を叶えましょう。

「元彼に忘れられたくない」という焦りから連絡するのは逆効果

冷却期間を過ごしていると、ふと「元彼に忘れられるんじゃ..」という不安に襲われることがあります。

しかし、その気持ちに負けて連絡をしてもあまり良いことはありません。

不安な気持ちから衝動的に連絡をして復縁に失敗したケースは多発しているので、十分に気をつけましょう。

元彼のタイムラインは非表示にする

冷却期間中、元彼のSNSを見て良い気持ちになることはありません。

むしろ気持ちが悪い意味で揺らぐことの方が多いです。

元彼の情報は目に入らないようにした方が良いので、もしSNSなどで繋がっている場合はタイムラインを非表示にすることをおすすめします。

これも、気持ちを安定させるための大切な行動です。

冷却期間後にやるべきこと

冷却期間を乗り越えたらまず何をすればいいか、意外と分からないことが多いです。

あらかじめ知っておけば、冷却期間を乗り越えた後もスムーズに行動できるはず。

また、冷却期間を耐えるモチベーションにも繋がるでしょう。

連絡が取れていない場合

冷却期間中、元彼から一切連絡が来なかった場合は、まずは連絡を送りましょう。

内容は、自然な内容であればなんでも良いです。

自然な内容とは、元彼に送っても違和感のない内容です。

例えば、「元彼との共通の友人の連絡先を聞く内容」や、「元彼の得意なことに関する話題の内容」など。

冷却期間を置いた後であれば、元彼の反応が変わるかもしれません。

連絡を送った後、「久しぶり!」「元気してた?」といった反応があればチャンスです。

連絡が取れている場合

冷却期間中に元彼から連絡が来たり、別れてから友達として何度かやり取りしたことのある場合は、会う約束を取り付けましょう。

冷却期間が取れていれば、会うだけで新鮮な印象を与えることができるはず。

もちろん、冷却期間中に変化を身につけた場合はさらに復縁のチャンスが広がります。

さらに新鮮な印象を与えるために、会う当日はヘアスタイルを変えたりボディミストをつけたりすると良いでしょう。

復縁のきっかけが生まれるかもしれません。

冷却期間を置かずに復縁したい場合

実は、元彼の今の心理状況に沿った行動を起こせると、冷却期間を置かずに復縁できます。

例えば、「元彼が寂しい気持ちになっているのならばお誘いの連絡を送る」など。

ではどうやって元彼の今の気持ちを知ればいいかと言うと、「復縁占い」をすることです。

最近、「無料LINE復縁占い」で復縁を叶えている人の口コミをよく聞きます。

元彼の気持ちと、それに沿った行動それぞれをLINEですぐに教えてもらえるからだそう。

最初から最後まで無料で復縁までのアドバイスを占ってくれるので、とにかく今すぐ復縁したい場合は試してみてください。

【復縁占い体験談】無料LINE復縁占いを使ってみた

2018.09.11

まとめ

冷却期間まとめ

冷却期間とは、元彼と関わることを一切やめる期間を言います。

冷却期間が必要な理由は、過去の悪い印象を払拭するため・自分自身が変化を身につけるためです。

そんな冷却期間の必要日数は、人によって変わります。

別れた原因・元彼との今の状況・元彼の性格によって変化するので、本記事を通して必要な冷却期間の大まかな目安を把握しましょう。

また、ただ乗り越えるだけでは効果が半減するので、冷却期間中や冷却期間後にやるべきこともあらかじめ知っておきましょう。

とはいえ冷却期間を乗り越えるのは非常に勇気と気力が要ります。

今すぐ復縁したい場合は復縁占いの力を頼ることです。

やみくもにいろんな占いに手を出すのはおすすめできないので、「当たる」「復縁できた」という口コミが多い占いを試しましょう。

本記事で紹介した復縁占いは評判が良いので、迷ったら「無料LINE復縁占い」をおすすめします。

【復縁占い体験談】無料LINE復縁占いを使ってみた

2018.09.11
クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月限定>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを復縁電話占いで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いピュアリで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※無料で登録できます
※20歳以上の女性限定です
復縁に必要な冷却期間