年の差がある相手と復縁したい!4パターンの復縁可能な別れ方

復縁を最短で叶えませんか?
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
↑↑↑この画像は「LINE復縁診断」でアドバイスされた女性から送ってもらったものです。
※コロナウイルスの影響で、彼女と別れたことを後悔している男性が急激に増えています。


もしあなたが、こんなことを望むなら…

■元彼とLINEが続くようになる方法
■元彼があなたのことを再度好きになる方法
■元彼があなた以外に女性に興味がなくなる方法
■元彼を振り向かせるための一言を知れる方法

全ては無料LINE復縁診断で教えます。

復縁業界で今話題の復縁占い師「柊みこと」が、あなたの復縁を最短で叶える復縁診断を行います。
※無料診断できます
※20歳以上の女性限定

「年の差がある相手との復縁は難しい」

こんなイメージ持たれている人も多いのではないでしょうか?

年の差があることで様々な障害がありますが、別れた状況であったり、相手の心理を知ることで、復縁を叶えることは十分可能です。

そこで今回は、年の差がある相手と復縁できる可能性が高い別れ方をパターン別にご紹介していきます

この記事を読めば、年の差がある相手との復縁に自信を持っていただけるでしょう。

振られた理由が「年の差」だと諦められない理由

振られた理由が「年の差」だと諦められない理由

年の差が理由で別れると、諦められない人がとても多い傾向にあります。

しかし、それはなぜなのでしょうか?

まず、年の差がある相手と復縁できる別れ方についてお話しする前に「諦められない理由」を知りましょう。

早速、ご紹介していきます!

“年の差”が“言い訳”に感じるから

年の差を理由に振られた女性は、年の差を“言い訳”にされていると感じる傾向があります

年の差は、どう頑張っても埋めることのできない問題。

しかし、それは最初から分かりきった上でスタートした恋愛ですよね?

言い換えれば、そんなことは最初からお互いに分かりきっていたはずです。

すると、女性は次のように感じます。

  • 自分自身のことを評価してもらえてない
  • しっかり自分を見てもらえていない

だからこそ、“年の差を言い訳にして振られた”と感じてしまいます。

その結果、その人を諦められなくなってしまうケースが多いのです。

もし心当たりがあるなら、もう一度相手と話をしてみてください

ただし、その際の話し合いの目的はあくまで「納得できる理由を知る」ということ。

相手を攻めるようなことを言うのは復縁にとって逆効果になります。

相手が話し合いの手間を省こうとしているように感じるから

話し合いの手間を省くために「年の差」という言葉を使って逃げている気がする。

そんな風に感じるため諦められないという女性も多いです。

本来は別れの原因があるなら、それについての話し合いをするべきですよね。

しかし、年の差を別れの原因に挙げられたら・・・それは改善ができません。

男性側からすると、そうすることで話し合いから逃げることができるわけです。

しかし、ここで本来の理由を聞くために相手にしつこく聞いてしまうのは逆効果

相手に「面倒な女」の印象を与えてしまい、抵抗感を持たれてしまいます。

相手のスタンスが許せないと思いますが、ここはグッとこらえてあげるのがベターです。

年の差を理由にされると「改善ができない」から

年の差を理由にされると、どうしても改善ができませんよね。

そうすると、女性側としても元彼を諦めることができなくなってしまいます。

先ほども話した通り、年の差はどうしても縮めることはできません。

しかし、努力の余地がないことは女性にとって辛いこと。

  • もっとこうしていれば可能性があるのかな?
  • ここを努力すれば復縁できるのかな?

こんな風に期待することすらできないのです。

こんな状況では、いくらなんでも元彼を諦められませんよね。

4パターンの復縁可能な「別れ方」

4パターンの復縁可能な「振られ方」

「振られ方」「振られた状況」次第では、年の差があっても復縁は可能です。

あなたが元彼と別れたときはどんな状況でしたか?

今から挙げる項目の中に、当てはまる要素がないか確認してみてください。

①元彼が年齢に引け目を感じているケース

元彼が自分の年齢に引け目を感じている場合は復縁ができる可能性があります。

「こんなに年の差があるんだから、いつか上手くいかなくなるんじゃ?」

「年の差があるからいつか彼女に振られるのでは?」

そんな気持ちがあることで、自分から別れを切り出してしまうケースです。

実際、年の差カップルの男性側は、次のようなことを考える人が多い傾向にあります。

  • こんな年の差があるのに一緒に街を歩いて恥ずかしくないのか
  • 年の差が離れているから外で手を繋いで彼女に迷惑をかけないか心配
  • 本当は彼女も外で僕と歩いているのを見られたくないんじゃないかな

本来、自分に自信があれば周りの目は気にならないはず。

しかし「自分は彼女にふさわしくない」という思いがある人なら、復縁できる可能性は高いと言えます

この場合は本音を相手に伝えてあげるのが効果的な方法でしょう。

②あなたのことを思って「年の差」を理由に振ったケース

年の差を理由に、あなたを思って振ったケースも復縁できる可能性は高いです。

「年の差があると相手を幸せにできない」

そんな風に思っている彼だったなら、このケースに当てはまるでしょう。

  • 彼女の将来を考えると幸せにできる自信がない
  • 若い彼女のこの先を考えると、自分が彼氏ではふさわしくない
  • 自分なんかより年の近くてもっといい男がいるのではないか

そんな風に考えてしまう男性であれば、復縁できる可能性は高いでしょう。

また、年が離れていることで、彼女に愛されているのか不安に陥る人もいます

このケースも男性側に自信がないことが原因で起こる別れ方です。

いずれにしても、この場合は元彼があなたの将来を考えた結果、別れを選んでいます。

しかし、あなたからすれば「別れる方が辛い」と感じているはず。

その気持ちを素直に伝えれば、元彼との年の差は関係なく復縁ができるでしょう。

③年の差による価値観の違いが多かったケース

年の差による価値観の違いは改善の余地があるので、復縁できる可能性もあります。

いわゆる「ジェネレーションギャップ」を多く感じてしまい、会話が弾まない

そんな経験に心当たりがある人がこのケースの対象です。

  • 会話や趣味が合わないことが多く、笑いや喜びが共有できなかった
  • 年の差による価値観の違いが多く、そのうちすれ違いが生じた

そんな感覚を覚えている年の差カップルの男性は実際に多くいます。

そんな時は、年の差を感じる会話になったときの彼のリアクションを思い出しましょう。

年の差は、どうしてもすれ違いが生じてしまうもの。

しかし、そこは愛情があれば乗り越えていける部分ですよね。

「相手のことを知りたいと思う」

これが大切なことで、この気持ちがあれば、話や意見に耳を傾けることができます。

もっと彼の話に興味を持ってあげ、聞き上手になることが大切なのです。

そうすれば元彼にも「話や意見が合わない」とは思われにくくなります。

そして、徐々に気持ちのすれ違いも起こりにくくなります。

年の差のある元彼と復縁したいと思うなら、聞き上手に徹するのがいいでしょう。

④長期間付き合っていたケース

長期間付き合っていた実績があるのなら、年の差があっても復縁できる可能性は高いです。

一緒にいる時間が長ければ、別れた後の空白の時間が増えます。

そして、男性心理的に別れた後は次のような感覚に捉われやすいものです。

  • 心に穴が開いた感じがする
  • 急に1人の時間が増えて何をすればいいかわからない

もしも元カレのSNSを見れる状況なら、彼の動向をチェックしてみましょう。

彼が遊びに行ったり、友達と遊んでいる様子はありますか?

もしもその様子がないなら、一人で過ごしている時間が長いということ。

これが、短い期間のお付き合いだと、ちょっと前の独り身時代に戻るだけです。

これだと男性も深く考えずに済んでしまいます

しかしお付き合いの年数が長いなら、共有した思い出も多いはず。

元彼が寂しさや未練を感じているタイミングで復縁を持ちかければ、成功させやすいです。

3パターンの復縁が難しい「別れ方」

3パターンの復縁が難しい「別れ方」

ここでご紹介をするのは、復縁が難しい場合の別れ方についてです。

読むのに少し勇気がいると思いますが、相手の心理を知るという事はこれから復縁活動をするにあたっても大切なこと。

年の差がある相手との復縁に必要な内容なので、必ず目を通してください!

①話が噛み合わなかったケース

元彼に「とにかく話が合わない」と強く思われている場合、復縁は難しいです。

男性は特に「会話が大変だな」と一度思ってしまうと、相手の悪い部分ばかりに目がいくようになります。

同世代の女性と会話が弾んだ経験を多く持っている人は特にその傾向があります。

話が噛み合わない時、彼が会話を続ける努力をしてこなくなったら危険な状態です。

それは、あなたとの「会話の楽しみ」を放棄しているサイン。

話が合わないこと以上に、あなたと一緒にいる喜びを感じていれば問題はありません。

しかし、居心地の悪さが優先的に気になるようになってしまうと問題です。

空気感の共有は年の差カップルにおける最大の問題であり、非常に大切なこと。

2人の間で共有できる空気感を演出していけない限り、復縁は難しいでしょう。

②年の差を相手に意識させてしまったケース

あなたは年の差のある元彼に年の差を意識させる言動をした経験はありませんか?

もしもあるなら、その分復縁の可能性は低くなってしまいます。

例えば交際中、彼が何となく口にした言葉に対して、こんなリアクションはしていませんか?

「その時、私まだ産まれてないや」

「あなたは最近の音楽とかわからないでしょ?」

そんな風に何気ない会話にこそ、年の差の温度差というのは発生してしまうのです。

もしも年の差を意識させるような言動があったなら、思い出してみてください。

彼はどんな表情をしていましたか?

暗い表情をしていたなら、彼は切なさや嫌悪感があったはず。

同じような場面で笑い飛ばしてくれるような彼だったなら問題はありません。

しかし、深刻な雰囲気や気まずい空気になった経験があるなら、それは彼にとって「年の差を感じた」はずです。

心当たりが多ければ多いほど、復縁は難しくなってしまう可能性が高いです。

③結婚願望や結婚への価値観に差があったケース

年の差がある元彼との結婚への価値観の差が大きい場合も、復縁は難しいです。

基本的に結婚願望の差を埋めるのは、「どちらかの妥協」です。

その妥協点の頂点にあるのが“子ども”のことについてです。

子どもに関する話題が出た際、何を優先順位に置いているのかは見分けられるはず。

「二人とも結婚願望は特になく、一緒にいるだけでいい。」

それだけなら別れる必要はありません。

結婚願望に差があるというのは、それだけ難しい問題なのです。

この場合も2人の価値観に大きな違いがあるので、復縁が難しいと考えられます。

まとめ

まとめ

年の差がある相手との復縁についてお話しました。

年の差は物理的に埋めることができない大きな問題です。

しかし、お互いの努力次第では、その問題を埋めていくこともできます

今回の記事を参考に、あなたの復縁が前進することを祈っています。

プライドの高い元彼と復縁するには?男性心理と合わせてご紹介

2018.09.13

【復縁占い体験談】無料LINE復縁占いで復縁鑑定してもらった結果

2018.09.11
【2020年8月31日まで限定】
すぐにでも復縁したアナタへ
【1分診断】2020年に復縁できた女性が行った診断です。

大好きだった彼と別れてしまうと、一人の時間がとてもつらくて、元彼に連絡したくなりますよね。
でも、万が一返事かなかったらと思うと、なかなか行動に移せません。
もし、彼があなたからの連絡を待っていたら?
もし、本当は復縁の可能性が高かったら?
復縁に関するどんな悩みでも、今なら無料LINE復縁診断で解決可能です

ただし条件が1つだけあります!
あなたの復縁の可能性を高めるために、20歳以上の女性に限らさせてもらっています。

※無料で診断できます
※20歳以上の女性限定