復縁は待つもの?待ってる間にすべきことと冷却期間との違い

今すぐ復縁をしたいあなたへ
【12月2日まで】20歳以上の女性だけに教えています。
↑↑↑この画像は「LINE復縁診断」でアドバイスされた女性から送ってもらったものです。
※コロナウイルスの影響で、彼女と別れたことを後悔している男性が急激に増えています。


もしあなたが、こんなことを望むなら…

■元彼とLINEが続くようになる方法
■元彼があなたのことを再度好きになる方法
■元彼があなた以外に女性に興味がなくなる方法
■元彼を振り向かせるための一言を知れる方法

全ては無料LINE復縁診断で教えます。

復縁業界で今話題の復縁占い師「柊みこと」が、あなたの復縁を最短で叶える復縁診断を行います。
※無料診断できます
※20歳以上の女性限定

復縁をしたい人であれば、絶対にしないといけない「待つ」こと。

ですが、この「待つ」の意味を勘違いしていると、復縁から遠のいてしまう危険性もあります。

ここでは、復縁のための正しい待ち方や、待ってる間にすべきことをご紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

復縁の「待つ」はどういう意味?

復縁の「待つ」はどういう意味?

「待つ」と聞くと、

何もしない

じっとしている

こんな風なイメージがありますよね。

ですが、復縁の場合は少し違います。

本当にただただ待っているだけだと、復縁からは遠のいてしまう危険もあるので、注意が必要ですよ。

では、実際に復縁の場合の待つというのは、どういう意味なのか、知っていきましょう。

1.相手が向き合ってくれるまで待つ

復縁の場合の待つは、ただ何もせずに待ってるのではなく、相手が向き合ってくれるまで「待つ」という意味です。

相手が冷静ではなかったり、嫌悪感を持ってる状態でどんなにあなたが、復縁したいからアピールをしても、心の距離は縮まりません。

そのため、相手の気持ちも同じ方向に向くように待つ時間が必要です。

ただ待ってるだけでは、相手の気持ちは動きません。

相手が警戒していたり嫌悪感を持っているようであれば、その気持ちが変わるようにあなたが行動をしていく必要があります。

復縁は普通の恋愛と違い、マイナスからのスタートになるので、まずはゼロの地点に到達するのが「待つ」時間です。

本当に待つわけではなく、友達として接していけるように、連絡をしたり会ったりは必要ということです。

2.復縁するための準備期間

「復縁したい!」とあなたが思ったその瞬間から、復縁が叶えられるわけではありません。

どうしてお別れになってしまったのか、原因もありますからそのあたりを見直して改善をしていく時間が必要です。

あなたから積極的にアピールをするだけで、復縁ができるわけではないので、直接アピールをしない間に行うのが「待ちながら準備」をしていくこと。

ダイエットなどもこの期間にできるだけ頑張っておくといいですね!

3.自分と向き合うための時間

大好きな人とお別れをしてしまった時に、あなたの心はすごく傷ついてしまっています。

その心を癒す時間、そしてそんな自分の一番の味方になってあげる時間が必要です。

  • お別れの原因が自分だけにあると思って自分を責める
  • どうせ自分なんてと悲観的になる

こうした時間の過ごし方ではなく

  • 自分の好きなところやいいところを探す
  • ダメな部分を受け入れてあげる

こんな風に、自分と向き合っていく時間を待ってる間に作りましょう。

自分を一番理解していれば、大好きな相手にもそんな素敵な自分を最大限アピールすることが出来ますよ。

待っているのと冷却期間の違いは?

待っているのと冷却期間の違いは?

待っていることと冷却期間は大きく違ってきます。

冷却期間は、一般的に連絡を控えたり会ったりもしない期間を指します。

ですが、復縁の「待つ」はそうではありません。

復縁の待つは「気持ちを待つ」という意味になります。

自分から待っている間に積極的に、告白をしたり「好き」という気持ちを押し付けるのではなく、相手の気持ちが整うまで温度感を合わせるということ。

なので待つとはいえ、実際には連絡もしますし、会ったりもします。

冷却期間が「嫌悪感などを冷めさせる時間」であれば、待つは「気持ちを温める時間」と考えていきましょう。

待っている間にしないといけないこと

待っている間にしないといけないこと

待っている間には、しないといけないことがあります。

それをしていないと、復縁できなくなってしまう危険もあるので、ぜひポイントをおさえて行動していきましょう。

1.別れの原因の解明!改善!

別れの原因を解明して改善していくことは、絶対にしないといけません。

好き同士が惹かれあってお付き合いを始めたのに、お別れになってしまったということは魅力よりもマイナスな部分は大きくなってしまったということ。

  • 魅力がなくなってしまったのか
  • マイナスの部分が大きすぎたのか

どちらか、あるいは両方が考えられます。

何が別れの原因になってしまったのかをまずは理解していき、その改善をしていきましょう。

内面も外見も磨きあげておくことで、あなたと別れた理由がなくなっていきます。

2.恋愛以外で集中することを見つける

待ってると思うと、すごくそわそわするし、相手のことばかり考えてしまいますよね。

それは恋愛にばかり意識が向いている証拠。

恋愛以外に集中できるような趣味などを探して、気持ちを紛らわすのも大事!

お別れしている現在で、恋愛に集中してしまっている状態ということは、お付き合いをしているときも恋愛が中心の生活だった可能性があります。

その場合は、知らず知らずのうちに相手に依存していたり、束縛をしてしまっていた危険性も…!

今後復縁した時に、お互いに幸せになれるように、恋愛以外に楽しめるものをたくさん見つけておきましょう。

3.自慢できるようなスキルを身に着ける

  • 仕事で成果を出す
  • 資格を持つ

などなどなんでもいいのですが、誰かに自慢できるようなスキルを身に付けましょう。

復縁するということは、相手の周りの女性が全員ライバルになります。

そのライバルの中から、あなたを選んでもらえるようにするために、武器は一つでも多いほうがいいんです。

男性は、お付き合いをする女性を選ぶ時の条件の一つに「誰にでも自慢できるような人」を選ぶ傾向があります。

男性はナンバーワンになりたい気持ちが強い生き物なので、自慢できる女性が自分のパートナーになることに憧れています。

なので、あなたができることの中で、何かスキルを磨いていきましょう。

4.異性との交流に積極的に

何事もぶっつけ本番よりも、練習が大事ですよね。

恋愛も同じです。

大好きな人以外の人と遊んだりしたくないという気持ちも分かりますが、大好きな人だからこそ失敗もしたくないですよね。

失敗をしないためには、練習が必要です。

練習といっても他の異性と恋愛をしないといけないわけではなく、異性の心理を理解するためにも交流をもっていきましょう。

女性であれば男性の、男性であれば女性の気持ちを理解するのは、恋愛をする上ですごく大事なことになります!

どんな言葉を伝えると喜ぶのか、嬉しい気持ちになってくれるのか、そういうのを知るためにも、いろんな異性と交流をしていきましょう。

会うことに抵抗がある場合には、連絡をするだけでも大丈夫です。

5.大好きだけど執着しない気持ちを養おう

大好きだからこそ復縁したいと思うものですが、執着や依存は関係を壊してしまう大きな原因になってしまいます。

執着をすると相手には負担になってしまいますから、執着をしないお互いに自立しあった関係が恋愛は長続きします。

なので、待っている準備期間では執着心をなくすように、気持ちを整えていきます。

執着や依存をしてしまうのは、自分に自信がないことが原因だと言われています。

自分に自信がないからこそ、不安になって離れてしまう恐怖の妄想をしてしまったり、相手に求めすぎてしまうんです。

自分に自信があれば、離れてしまう心配をすることもないですし、相手に求めすぎることもなくなります。

自信をつけていくというのは、簡単なことではありませんが、まずは自分を好きになることから少しずつでも始めていきましょう。

まとめ

まとめ

待つというのは、決してただ「待ってるだけ」ではありません。

復縁をするための準備期間として、すごく大事な行動の一つ。

正しく相手を待って、幸せになってください。

【2020年12月2日まで限定】
すぐにでも復縁したアナタへ
【1分診断】2020年に復縁できた女性が行った診断です。

大好きだった彼と別れてしまうと、一人の時間がとてもつらくて、元彼に連絡したくなりますよね。
でも、万が一返事かなかったらと思うと、なかなか行動に移せません。
もし、彼があなたからの連絡を待っていたら?
もし、本当は復縁の可能性が高かったら?
復縁に関するどんな悩みでも、今なら無料LINE復縁診断で解決可能です

ただし条件が1つだけあります!
あなたの復縁の可能性を高めるために、20歳以上の女性に限らさせてもらっています。

※無料で診断できます
※20歳以上の女性限定