復縁に冷却期間は必須?本当の必要性や効果まとめ

復縁 冷却期間
クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月16日(日)まで>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを神秘のタロットカードで解決します。

復縁業界で今注目の復縁タロット占いで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※その場で結果が見れます
※20歳以上の女性限定です

復縁について調べると必ず一度は「冷却期間」や「沈黙の期間」といった言葉を目にしたことがあると思います。

人によっては

「まーた冷却期間の話か・・・」

「そんなことしてたら元彼も私のこと忘れちゃうよ!」

とすら思ってしまうかもしれません。

しかし、そう簡単に邪険にしてしまうのはキケン。

どこでも見ることがあるワードであるということはつまり、どんな復縁にも効果が期待できるのが冷却期間であるとも言い切れるのです。

そんな冷却期間ですが、なぜそこまで復縁を望む人にオススメされるか分かりますか?

冷却期間がもたらす効果や男性心理への影響を知り、なぜ冷却期間が重要なのかについて理解を深めていきましょう。

どうして冷却期間は復縁に重要視されるの?


まずは、冷却期間がなぜ復縁において重要なのかを知っていきましょう。

本当の意味で元彼の気持ちに理解を示すことができる

別れの原因が自分にあるのなら、元彼と別れれば反省することができるでしょう。

ですが、別れて間もないうちはどうしても元カレへの未練が先行してしまうので、本当の意味で彼の気持ちを理解することができないのです。

例えば、

「私はこんなに頑張ったけど、元彼がそれを分かってくれなかったのが悲しい」

こんな風に、どうしても自分の気持ちが全面に出て「彼がどういう気持ちだったのか」というところまで頭が回りません。

それは決して悪いことではありませんし、人として当然の感情なのですが、だからこそその元彼の気持ちにまで理解を示すことが出来れば、一気に復縁に近づくのです。

一見復縁には直結しないように感じるかもしれませんが、この気付けなかった部分に気づくことが出来れば、

「いつも同じことの繰り返し」

「どうせ元カノ(あなた)は俺の気持ちなんて分かってくれない」

なんて思わせてしまうことがなくなり、「次は大丈夫かも」という期待に繋がっていくようになります。

誰だって、自分の気持ちを理解してくれる存在というのは貴重ですから大事にしたいと思うもの。

元彼と復縁したいと思うあなたが、次こそは本当の意味で元カレの気持ちを理解できる存在になるために、この冷却期間は必要不可欠なのです。

別れの原因を考え、改善する時間になる

忘れられない彼とよりを戻すためには、別れることになってしまった原因は当然払拭しなければいけません。

しかし元彼がそばにいると、原因の解決よりも目の前にいる元カレにどうにかして「よりを戻して」と気持ちを伝えたくなってしまうものです。

元彼からすれば別れの原因が改善されていない元カノ(あなた)とよりを戻すなんて考えられません。

また、あなたはそんな少ない可能性に賭けて神経をすり減らしながら「復縁したい」と伝えているだけでは、お互いにとってお互いの存在がストレスにしかなりません。

「冷却期間なんて取らなくても、私は大丈夫」という自信がある人でも、

  • 元カレに他の女性の影が見えるようになる
  • あなたが良かれと思ってした元カレへの連絡で、元カレにブロックされてしまう
  • 一生懸命アプローチをしているのに、その全てが元カレに響かない日々が続く

こんな事態になっても落ち着いていられるのか、冷静になって考えてみたら相当難しいことであると分かると思います。

ですから、一旦距離をおいて元彼が簡単に手の届かないようにして、その上で別れの原因を考え、そして改善のために努力をしましょう。

お互いに落ち着く時間

何より一番重要となる理由です。

そしてこのための時間が一番取りにくいとも言えるでしょう。

予期しない別れや自分の気持ちがスッキリしないままでの別れを迎えたあとは、どうしても話し合いの時間を設けたくなってしまうものです。

しかし、話し合いを設けることに一生懸命になっている時はその他の事を考えられなくなっている、言わば冷静ではない状態になっています。

「なんとしても謝りたい」

「チャンスが欲しいと伝えたい」

「とにかく誤解を解きたい」

「話を聞いて欲しい」

こういった言葉が頭をめぐっているのであれば、ツライとは思いますが今はグッと我慢しましょう。

そんな状態で仮に話し合いの時間を設けても、別れ話と同じ事を繰り返してしまうどころか相手を呆れさせてしまって逆効果になってしまいますからね。

復縁には嫌われないことがとても大事です。

元カレ・元カノの好感度を下げないように注意しましょう。

これ以上嫌われないようにできる

好きな人には嫌われたくない。

これは恋をしている人なら誰しもが思うことです。

しかし、別れてしまったという事実がある以上、悲しいことではありますが、少なくともあなたは元彼に嫌われてしまう候補として一番の立場にいるのは間違いありません。

  • 元彼にしつこく連絡をしてしまう
  • 「別れたい」という元彼の気持ちを無視して自分の気持ちを押し付けてしまう
  • 元彼が「嫌だな」「やめてほしいな」とやめられない

など、嫌われてしまう理由は様々ですが、「恋人」というフィルターがなくなってしまった今のあなたは、こういった失敗をしても彼に許してもらえるチャンスを失ってしまったのです。

よりを戻すのに嫌われてばかりでは当然復縁なんてできません。

だからこそ、「今のあなたとは一緒にいたくない」と判断して別れた元彼の気持ちを汲むべく、距離を取ってあげる。

それこそが冷却期間の真髄です。

冷却期間がもたらす効果と男性心理への影響

冷却期間

元彼に「寂しい」という気持ちを持たせることができる

すでに嫌われているのに姿を隠したところで「寂しい」なんて思ってもらえるのか?という疑問もあると思います。

ところが男性には、別れた女性を恋しく思ってしまうという男性ならではの習性があるのです。

特に振られた立場からすると、自分を振った元彼はフリーになった途端幸せそうで、まるで自分のことなんて忘れているかのように見えるでしょう。

しかし、人の記憶というのは時間が経つにつれてどんどん美化されていくもので、

  • あなたとデートした場所
  • あなたと一緒に食べたもの
  • あなたと話したこと

こういったものに別れてから再び触れると、「元カノ(あなた)ともこんなことがあったな」と思い出すものなのです。

その思い出し方も「もう2度とあんな思いしたくない!」というような感じではなく、

「あの時はあんなことを言い合って笑ったっけ」

「こんなことをして楽しかったなぁ」

というように、いい思い出として懐かしみ、少しずつ「あの頃は良かったな」と寂しさを感じるようになってくれます。

しかしそうして懐かしい思い出に浸っている途中で、「今」のあなたが姿を表すと急に別れ際の嫌な思い出が蘇ってしまうのです。

急に現実に引き戻されるような感覚と考えると分かりやすいでしょう。

ですから、元彼があなたとの思い出に浸りきれるまで冷却期間を取ると、元彼に「寂しい」「あの頃は良かった」と思ってもらえるようにできるのです。

冷却期間明けに元彼をびっくりさせることができる

どんな人でも、なかなか顔を合わせる機会がないような人とばったり会えば驚くものです。

その驚きがあると、

  • 「最近なにしてるの?」などとお互いの近況を語り合える
  • お互いの些細な変化にも気づく

こんな風に、お互いへの興味関心が普通に会うよりもずっと強くなります。

復縁を叶えるためには、元カレに「変わったあなた」を受け止めてもらうことが必要です。

ですので、こうして冷却期間を取ることで元彼があなたへより強く関心を持つように働きかけると、

  • 自分磨きを頑張りすぎなくて済む
  • 自分から一生懸命アプローチをしなくても、元彼の方からもアクションをもらえる

このように、かなり復縁が有利に動かせるようになります。

いくら「自分の力で頑張る!」という頼もしい意思があったとしても、元彼の警戒心が強すぎて拒絶されてしまえば意味がありません。

こうして元カレの方からもあなたに関心を持ってもらい、元彼から歩み寄ってもらう状況を作り出すことも、復縁を成功させるのに必要なテクニックの一つです。

あなたが冷静になったことを伝えることができる

特に別れを切り出してきたのが彼の方だった場合、別れの直後に連絡をしてくる元カノ(あなた)に対しては、

「どうせヨリを戻したいって話なんだろうな」

「また自分が責められて嫌な思いをするのかな」

こんな風に警戒心を持たれてしまっています。

だからこそ、あえて冷却期間を取って距離をおくことで「私はあなたに執着していません」というアピールができるのです。

どんなに言葉で「私はもう大丈夫だから話を聞いて」と伝えても、やっぱり彼には受け止められません。

特に男性は「言葉よりも行動」と考える傾向がありますから、実際に元カレと接触を図ろうとしないという行動こそが一番彼を安心させてあげることができるのです。

元カノ(あなた)のことを忘れていく

まったく交流がない人のことは、当然ですが徐々に忘れていくのが人間というもの。

一見すると「自分を忘れられてしまう」というのは復縁に逆効果なように見えますが、実はこれが良い効果をもたらすこともあるのです。

忘れられるという意味は、文字どおり元カレの中から全体的にあなたの記憶が薄れていくということになります。

それは、

  • 別れの原因になったあなたの言動
  • 別れ際にやらかしてしまったこと(大泣きした、元彼を責めたなど)
  • その他、元カレに忘れてほしいこと

こういった復縁の障害になりかねないあれやこれやも忘れてもらえるということなのです。

こういったものは「忘れて!」と伝えて忘れてもらうものではありませんから、時間の経過とともに元カレの中から消えるのを待つのがセオリーでしょう。

必死に自分を磨いて忘れてほしい記憶を塗り替えられるような素敵な女性になることができれば、そんな時間も必要ないかもしれません。

しかし、現実的に考えればそこまで自分磨きにかける時間を考えればそんなに違いはありませんし、それどころか自分磨きにかける時間と労力の方が余計にかかります。

もちろん冷却期間を取ったとしても自分磨きが必要なことに変わりはありませんが、冷却期間を取るのと取らないのでは、同じだけの時間を過ぎた後の元カレの気持ちが大きく異なるのです。

元カレに「連絡したいな」と思わせる

冷却期間は長くなれば長くなるほど、

  • 元彼があなたのマイナスイメージを忘れる
  • 「寂しい」という思いを大きくする

と復縁には有利な効果が出てきますが、その結果、元カレの方から

「元カノ(あなた)って今、何をしているんだろう」

「久しぶりに連絡してみようかな」

こんな風に思わせることもできるようになります。

この効果をより出したいと思う人は、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSを活用するのがオススメです。

冷却期間中は元カレに連絡を取らないことが基本ですから、別の方法で元カレに「連絡したい」と思わせることになります。

そこで便利なのが、SNSです。

実は男性は、別れた元カノのSNSをつい覗いてしまうという人が非常に多い傾向があります。

記憶が美化されるという人の記憶の習性も相まって、男性なら復縁する気が無くてもなんとなく過去の女性が今何をしているのかつい気にしてしまうのです。

そこであなたがSNSに元カレの関心を引きつけるような投稿をしておけば、元カレも思わず自分から連絡したくなる気持ちが大きくなります。

SNSはあなたから元カレに「見て見て!」とアピールするものではなく、元彼を含め第三者が「この人のSNSを見よう」と思って初めて見てもらえるものです。

直接メールやLINEなどで「私こんなに変わったんだよ!見て!」とアピールするのは元カレにとって迷惑ですが、SNSなら元彼が自分のペースであなたの変化を受け止めていきます。

ですから、いくら都合よく変化をアピールしても失敗はありません。

男性心理を駆使しながら、こうして元彼の方から「復縁したい」と思わせる効果も狙っていきましょう。

冷却期間を制するものは、男心を制する

なぜ冷却期間が重要なのか、冷却期間がもたらす効果や男性心理についてをご紹介してまいりました。

冷却期間に関しては「とりあえず沈黙すればいい」と気楽に考えている人が多いと思いますが、その裏にはこんなに期待できる効果があると知って驚いたのではないでしょうか。

元カレとコミュニケーションが取れないという寂しさや不安と引き換えに、その先にある復縁を叶える強力な味方となってくれる冷却期間。

まだ試してない人や、いまいち復縁活動が進展しないという人はぜひ、冷却期間を取ってみることも前向きに考えてみてください。

復縁の平均期間は4〜5ヶ月?その理由と復縁成功のモデルケース

2018.09.08
クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月限定>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを復縁電話占いで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いピュアリで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※無料で登録できます
※20歳以上の女性限定です
復縁 冷却期間