「気持ちが冷めた」という彼の本音と復縁を叶える方法5つ!

付き合っている彼からある日突然「冷めた」と言われたら、とてもショックですよね。

「私に魅力が足りなかったのかな」

「何がいけなかったんだろう」

と悩み、別れてからもショックを引きずってしまうでしょう。

ですがご安心ください!

冷めてしまった彼の気持ちは、取り戻すことができます。

そこで今回は彼をもう一度振り向かせるための方法と、復縁するために踏むべきステップについて詳しくご紹介します!

併せて「気持ちが冷めた」という彼の本心も解説していくので、参考にしてみてくださいね。

復縁するために知っておくべき!「気持ちが冷めた」という彼の本音

復縁するために知っておくべき!「気持ちが冷めた」という彼の本音

まずは、復縁するために知っておくべき、「気持ちが冷めた」という彼の本心からみていきましょう。

他に好きな人ができた

他に好きな人ができた、という場合があります。

男性は一つの物事に集中する傾向があるため、彼女ができた直後は、その彼女に夢中になり他の女性は目に入りません。

ですが3ヶ月ほど付き合うとその意識がだんだんと薄れていき、次第に他の女性も意識するようになります。

そこで彼女と他の女性を比べた時に、他の女性の方に惹かれてしまうと、彼女への気持ちが冷めてしまうのです。

ただあなたを傷つけないために、敢えて「冷めた」とだけ伝え、別の女性の存在を聞いても否定する男性は多いでしょう。

実は以前から不満が溜まっていた

実は以前から不満が溜まっていた、ということも考えられます

女性はトラブルをコミュニケーションを解決しようとしますが、男性は自分の中で溜め続け、我慢できなくなったら嫌なことから距離を置く、逃げる、という傾向があります。

そのため、不満があっても彼女には何も伝えず自分の中で我慢をし続け、ある日突然「もう耐えられない」となって、「冷めた」と別れを切り出すことがあるのです。

彼女からすると突然でわけがわからないかもしれませんが、彼からすると我慢していたことなので、別れの意思が固いように感じるはずです。

何度注意しても彼女が変わらなかった

何度注意しても彼女が変わらなかった、という思いも挙げられます。

先述した通り、彼女に対する不満を伝えずに我慢するタイプもいれば、しっかり言葉にして伝える方もいます。

その場合、彼は彼女に変わって欲しくて指摘をしたり、時には怒ることもあったでしょう。

それなのに彼女が何も変わる様子がないと、「俺の言葉なんて響かないんだな」と考え、徐々に彼女に対する気持ちが冷めてきてしまうのです。

環境の変化により彼女への関心が薄れた

環境の変化により、彼女への関心が薄れてしまったというパターンもあります。

例えば急に仕事が忙しくなったり、異動で遠距離になってしまったり。

あるいは野心家な男性であれば起業をしたり、海外留学をすることになった、なんていう方もいるでしょう。

その場合、環境が変わったことで目の前のことに夢中になり、恋愛への意識が薄れてしまうことがあります。

先述した通り一つの物事にしか集中できない男性にとって、仕事や夢と恋愛の両立というのは、かなりハードルが高いです。

この場合、恋愛だけでなく友人との交流も希薄になってしまうことが多いでしょう。

刺激が少なく平凡な日々に飽きた

刺激が少なく平凡な日々に飽きた、という思いもあります。

何年もの付き合いになってくると、一緒にいてもあまり会話をしなかったり、デートをしてもいつもすることが決まっているという、いわゆるマンネリ状態になることがあります。

その関係性が恋人を通り越して夫婦のようになり、お互いにとって当たり前で、なくてはならない存在になることもあります。

ですが一方で、恋人やパートナーに対して刺激や変化を求めている男性の場合、同じような日々に飽きてしまい、彼女に対する気持ちが冷めてしまうことがあるのです。

気持ちが冷めたという彼と復縁するためにすべきこと

気持ちが冷めたという彼と復縁するためにすべきこと

次に、気持ちが冷めたという彼と復縁するために、あなたがすべきことについて解説していきます。

外見をガラッと変える

外見をガラッと変えましょう。

「復縁には自分磨きが大切」ということを聞いたことがあるかもしれませんが、正直内面を変えても、すぐには彼に伝わりません。

復縁はスタートが大切なので、外見をガラッと変えることですぐに彼の興味を引くことができれば、その後スムーズに距離が縮まっていきます。

付き合ってから体重が増えたという場合はダイエットをしてみたり、いつもは着ないような色味や柄の服装に挑戦したみたり。

髪色を変えたり、メガネや帽子などの小物を身につける、あるいは外してみるというだけでも、意外と印象は変わるものです。

彼から指摘されたところを改善する

彼から指摘されたところを改善するというのも、大切です。

これはどんな状況であれ、復縁を叶える上では必須条件となります。

彼女に対して不満があるから別れたのに、その不満が改善されていなければ、復縁を前向きに考えることはできません。

逆を言えば、不満が改善していさえすれば復縁を考える、という男性も多いです。

付き合っている間に指摘されてきたこと、注意されてきたことを細かく思い出し、改善できるように努力しましょう。

いつもとは違うデートに誘ってみる

いつもとは違ったデートに誘ってみるというのも、効果的です。

長い付き合いで同じようなデートになってしまっていた場合は、いつもと少し違うデートをするだけで新鮮さが増し、付き合いたての頃のようなドキドキを感じるきっかけとなります。

例えば家で会うことが多かった場合、テーマパークに出かけてみたり、公園でピクニックデートをするのも良いでしょう。

場所を変えるだけでも雰囲気が変わるので、思い切って今までしたことがないようなデートに誘ってみてください。

自分の魅力を伝える努力をする

自分の魅力を伝える努力をする、というのも挙げられます。

マンネリしてしまうというのは、上記でお伝えしたように同じデートになってた、という外的要因が一つ。

そしてもう一つは、相手の良い所や好きになった部分が当たり前になってしまう、ということがあります。

付き合いが長くなると相手の気持ちに安心しきってしまうため、付き合う前のような「好かれる努力」を忘れがちになります。

それにより冷められてしまうケースも多いため、改めて彼が好きになってくれた自分の良さや魅力について考え、それをしっかりアピールすることで彼の気持ちを取り戻しましょう。

気持ちが冷めてしまった彼と復縁するためのステップ

気持ちが冷めてしまった彼と復縁するためのステップ

最後に、気持ちが冷めてしまった彼と復縁するためのステップをご紹介します。

3ヶ月は冷却期間を設ける

まず、3ヶ月は冷却期間を設けましょう。

冷却期間を設けることで、良い意味で相手の中のあなたの印象が薄れていきます。

募っていた不満も薄れつつあるので、その後の連絡に対して違和感なく返信してくれたり、気まずい雰囲気が漂うことなく会えるようにもなります。

やり取りはそこそこにすぐ誘う

冷却期間を置いたあとは、気軽に「元気?」と連絡してみましょう。

ただやり取りを長く続けることが目的ではなく、あくまで誘うための手段としてやり取りをすべきです。

男性は活字のやり取りがあまり得意ではないため、メールやLINEのやり取りだけで距離を縮めようと思っても、かなり難しいです。

それよりも会ったほうがあなたの変化も伝わりますし、スピーディーに進展していきます。やり取りはそこそに切り上げ、誘うようにしましょう。

最初は短時間で会い徐々に会う時間を増やしていく

会う流れになったら、最初は短時間で会うようにして、徐々に時間を増やしていきましょう。

あなたから誘いつつも1,2時間という短い時間で切り上げることにより、彼は「あれ?これだけ?」と物足りなさを感じます。

そうすると彼の方から誘ってきたり、次のデートも気軽に誘えるようになり、着実に距離が縮まっていきます。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?男性の気持ちが冷めてしまう理由というのは、大きく分けて2つあります。

1つは彼女に対して不満があるということ。

そしてもう一つは、マンネリしてしまう、ということです。

男性はいつまでも「追いかけていたい」タイプ。

だからこそ、付き合いが長くなってきた時に彼の愛情に甘えてワガママを言って彼に嫌われてしまったり、あるいは刺激のあるデートなどをしなくなってしまい、マンネリしてしまう、というケースが多いです。

そのため、まずあなたに不満がある場合、復縁するためにはまずその不満がどういったものなのか、原因を突き止めて改善しましょう。

そしてマンネリしてしまった場合は新しいデートを提案してみたり、自分磨きをして「好きになってもらう努力」をしてみてください。

そうすることで彼は改めてあなたの魅力に気が付き、復縁が可能となります。

まずは冷めてしまった原因をもう一度考え、それを改善するための行動をしてみてくださいね。