復縁したいなら元彼にバレンタインチョコはやめておけ!

クリスマスまでに復縁を叶えませんか?
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月限定>無料LINE復縁診断を行います

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを無料LINE復縁診断で解決します。

復縁業界で今話題の復縁鑑定「スピコイ」が、あなたの復縁を最短で叶える復縁診断を行います。

※無料で診断できます
※20歳以上の女性限定

恋愛しているカップルの最大のイベントがバレンタイン。

復縁を叶えるにはいいきっかけになりそうですよね。

でも、別れた元彼にチョコを渡すのは考えものです。

「バレンタインを復縁のきっかけにしたい」という気持ちももちろんあるでしょうが、そのバレンタインが原因で余計に溝が深まってしまっては意味がありませんよね。

どうして元彼にバレンタインチョコを渡すのはやめておいた方がいいのでしょうか?

この記事ではバレンタインチョコを渡すのを避けるべき7つの理由と、バレンタインを復縁のきっかけにしたい人のためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

なぜ元彼にバレンタインチョコを贈るのはダメなのか?

なぜ元彼にバレンタインチョコを贈るのはダメなのか?

別れたカップルにおいては、特にバレンタインチョコを渡すのがダメな理由があります。

付き合っているカップルや、好き合っている二人とは違う、複雑な事情があるからです。

具体的にはどんな理由があるのかを見ていきましょう。

気持ちがバレる

バレンタインチョコを渡すというのは、イコール「あなたのことが好きです」と伝えるのと同じ意味合いがあります。

義理チョコや友チョコなど、恋愛感情がない人に渡す習慣があるのも事実です。

でも、普通別れた元カノから義理チョコや友チョコをもらったら、少なからず未練を疑うのが男の本音というもの。

「俺のこと好きなのかな?」が嬉しい気持ちになるのは気になっている女性からであって、問題があって別れた彼女からのチョコは困ってしまいます。

特にあなたが振られた立場なら、バレンタインチョコを贈るのは避けるべきです。

気持ちがバレると引かれてしまうかもしれない

元彼に「今でも好き」という気持ちが伝わって困るのが、未練がバレた時点で元彼に逃げられる可能性があるということです。

復縁できそうな雰囲気になっているのなら、はっきり未練がバレても問題はありません。

むしろ復縁するためのいいきっかけになります

でも、復縁できそうな雰囲気じゃないのに未練がバレれば、あなたの気持ちに応えられない彼はあなたから離れようするのです。

よりを戻したくて渡したチョコがきっかけで、永遠に彼と付き合えない結果になるのは絶対に避けたいですよね。

「都合のいい女」になってしまう可能性がある

あなたがバレンタインにチョコを渡せば、元彼はそれをきっかけにあなたの好意に気づくでしょう。

まだ元彼があなたの魅力に気づいていない場合、その好意を逆手にとってあなたをセフレにしたり、都合のいい時だけ使うようなことをしだすかもしれません。

男の人だって利用しようとしなくても、「結果を見てみればただ利用しただけだった・・・」ということもあります。

例えば酔った勢いでキスしてしまった、セックスしてしまった、でもだからと言ってあなたと復縁してはくれない。

こういった都合のいい扱いをされてしまわないためにも、確実に復縁できそうな雰囲気じゃないのなら、バレンタインのチョコは我慢すべきでしょう。

そもそもチョコを渡すために会える?

そもそもチョコを渡すために会える?

チョコを渡す云々以前に、バレンタインにチョコを渡せるのか?という問題もあります。

直接会うのだって元彼にOKをもらえるとは限りませんし、郵送で送るとなれば「重い」と思われてしまうでしょう。

また、バレンタインにアポイントを取り付けるための連絡にしっかり返事をもらえるくらい仲が深まっている必要もあります。

せっかく勇気を出して連絡するのに無視されたら悲しすぎますよね。

「チョコを渡したい」「復縁のきっかけにしたい」という願い自体は彼への深い愛情があって素敵なのですが、現実問題としてそのチャンスがあるかしっかり考えましょう。

男性陣のネタにされるかも

女性にはイメージがつきにくいかもしれませんが、実は男性にとってもバレンタインは一大イベントなのです。

男性は、大体小学生のころから「チョコをもらえるか」「母親や姉から以外のチョコはいくつあるか」といった、女性から見れば非常にくだらないマウント取り合戦があります。

男性にとってバレンタインのチョコというのは自分がどれだけモテ男なのか、いい男なのかを表す指標になるのです。

ですから、あなたがバレンタインに元彼にチョコを渡そうとすれば、職場や仲間内で「元カノから連絡きたんだけどw」とネタにされる可能性も少なからずあるということを覚えておいてください。

ただの自己満足だと思われる

「チョコを渡して気持ちに気づいてもらいたい」
「チョコは渡したいけど、別に彼からの見返りは求めていない」

こんな風に考えている女性もいるかもしれません。

しかしそれも元彼から見ると「こっちがどう思うかは関係ないんだ」と思わされるきっかけになりかねません。

つまり自己満女だと誤解され、ただチョコを渡したいだけなのにイメージダウンになってしまうかもしれないのです。

ホワイトデーのことを考えてナーバスにさせてしまう

バレンタインに何かしら受け取った男性は、基本的にホワイトデーのお返しを考えます。

しかし、多くの場合欲しくてもらったわけじゃないものにお返しを考えるのは苦労するし、そこに支払うお金も惜しくなってしまうものです。

仲の良い友人や、お世話になっている人、そして大好きな彼女へのお返しなら考えるのも楽しいことでしょう。

でも、別れた元カノへお返しを考える場合「変に期待させないようにしないと・・・」と余計な気を回さなければいけないのです。

元彼があなたへのお返しを楽しい、嬉しいことだと思えないうちは、元彼に大変な思いをさせないよう配慮することも大事でしょう。

それでもバレンタインに何かしたい!

それでもバレンタインに何かしたい

「元彼にバレンタインのチョコを渡すのはよくないのは分かったけど、それでも諦められない!」

そう考えてしまう乙女心もよく分かります。

ここからは、そんな乙女心を持つ女性へのワンポイントアドバイスです。

「大人数の中の一人の義理チョコ」として渡せるならOK!

例えば「同じ部活のみんなへ」「同じ部署の皆さんへ」という体で、大勢の中の一人としてチョコを渡しましょう。

これなら先にご紹介したデメリットも少なくて済み、元彼の負担も軽減されます

個人的にチョコを渡すためのデートやホワイトデーのお礼は期待出来ませんが、チョコをもらってくれるかどうかなど、彼の様子を見るのにも役立ちます。

チョコじゃなく、別のものでアプローチを

バレンタインにはチョコというのが通説ですが、別に法律やルールで決まっているものではありません。

そこで、チョコではなく、LINEをするときにバレンタインチョコっぽい絵文字をつける、仕事の差し入れにココアをあげるなど、バレンタインを意識させるアプローチをしてみましょう。

また、具体的に何かを渡すというのではなく、元彼の仕事を手伝ってあげる、彼に物を貸してあげる、というのもオススメです。

そして冗談っぽく「お礼はホワイトデーでいいよ!」と伝えましょう。

これなら元彼も気負うことはありませんし、ホワイトデーにまた復縁のチャンスが訪れます

まとめ

まとめ

復縁したい元彼にバレンタインを渡すのは、主に気持ちがバレてしまうことが避けるべき理由となっています。

だからといって未練がバレている状態でも、元彼に重いと思わせないような配慮が必要になります。

一年に一度のバレンタインだからこそ、このチャンスをものにしたいという気持ちは恋する女性なら持って当然だと思います。

でも、「〜したい!」という気持ちだけで行動して失敗するなら、もう少し戦略的にバレンタインを活用した方が復縁には効果がありますよ。

復縁を最短で叶えませんか?
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月限定>無料LINE復縁診断を行います

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを無料LINE復縁診断で解決します。

復縁業界で今話題の復縁鑑定「スピコイ」が、あなたの復縁を最短で叶える復縁診断を行います。
※無料診断できます
※20歳以上の女性限定