元彼とのLINEが続いているとき、復縁のためにすべきこと

元彼とのLINE

復縁活動が上手く進んでいくと、元彼とのやり取りも別れた直後に比べて増えてきますよね。

既読スルーされていたLINEも、徐々に反応が良くなって会話ができるような状態になってくるという方も多い。

そんなときは元彼の心理的にも、マインドブロック(心の壁)が薄れてきているタイミングではあります。

「もっと話したいな」なんて思ってくれている可能性も大いにあります。

ただ、この現状はあなたのLINE次第で、良い方向にも悪い方向にも簡単に転ぶ繊細な状況。

元彼との復縁を望むのなら、彼の脈ありサインが出ている今だからこそしなければいけない事があるのです。

今回は元彼とLINEが続いているからこそ、復縁する為に次にすべき事は何かをお伝えします。

元彼とLINEが続く理由

雑談好きな女性に対して、男性は雑談が苦手な人の方が多いです。

元彼も例外ではないでしょう。

そんな彼が返信をくれて、連絡が続いているのならそれは

  • 心を許している
  • あなたとの会話に楽しさを感じている
  • あなたに興味や関心が高まっている
  • 「もっと話したい」と思っている

このように思っている可能性は高いです。

本来男性は雑談を苦手とし、用件以外の事にLINEを活用しようとはあまり考えません。

「社交辞令かも…」と不安を覚えてしまう事もあるかもしれませんが、嫌いな相手とわざわざ会話を続けようなどとは思いませんよね?

それは元彼も同じこと。

だからこそ、今の状況は復縁の可能性に近づいているのだと自信を持ってください。

やり取りが続いているからこその注意点

元彼との会話が続くと、上記のような不安もあるかもしれませんが、それでも「嬉しい」という感情の方が大きいものですよね。

でも、そんな嬉しさから失敗して復縁が遠のくケースも多くあるので次のことに注意してください。

自分の感情を押し付けない

元カレからの返信があり、会話が続いてくると

「もっと会話を弾ませたい」
「もっとお話ししたい」

のように、「もっともっと」と求める事が無意識に増えていくものです。

そんな時にしっかりと気持ちをコントロールし、制御する事が出来ないと

「もっと早く返信して欲しいのになんでこんなに遅いの?」

「まだ話したい事がたくさんあるのに、なんで終わらせるの?」

と、元カレに対しての不満が生まれてきてしまいます。

こうした不満は例えば、

  • あなたと同じペースを彼にも求める
  • 返信を催促する連絡をしてしまう
  • 連絡が遅かったり来ないとイライラする

など、自分の感情を暴走させてしまう要因となってしまうのです。

感情の暴走故に元カレの気持ちに理解を示せず、自分の気持だけ押し付けてられたら彼はどう思うでしょう?

嫌ですよね。

ですので、復縁を目指すためにはあくまで「元彼のペースに合わせる事」を意識してください。

連絡に緩急をつける

また、自分からばかり連絡をするのも危険です。

なぜかというと、毎回あなたからの連絡でやり取りが始まる状況が続いてしまうとそれが当たり前になってしまうから。

「待ってれば連絡くるでしょ」

このように元彼は無意識に感じてしまいます。

一見、復縁に向けて順調のように見えて実は逆。

「たまには彼から連絡して欲しいな」と思い、連絡をやめてみたとしても時すでに遅し・・・

元彼は「あれ、連絡がこないな」と思う事があっても、そこで止まってしまいます。

「まぁ、待っていれば連絡がくるだろう」

「忙しいのかな?」

と、期待を抱きながら待つ姿勢を取ってしまうのです。

こうして連絡を取り合わない期間が続くと、

  • 元彼のあなたへの興味や関心が薄れてしまう
  • あなたを気にする気持ちが冷めてしまう
  • 「話したくないのかな」と勘違いされてしまう

といったすれ違いが生じてしまいます。

復縁出来る状況にあるのに、ここですれ違ってしまうのはもったいないです。

これが悪いきっかけになり、復縁の難易度を上げてしまう事にもなり得るので注意しましょう。

元彼との距離感を保つ

よく、やり取りが続くようになると、

「彼も私の事を忘れられないのかも」

「彼もまだ私が好きなのかも」

と勘違いしてしまいがち。

確かに、嫌ではないからこそあなたとの会話が弾み、続いていると言えます。

ですが、あなたと彼は一度「恋人」という関係に終止符を打っているのです。

  • 名前を呼ぶ機会を増やす
  • 突然、以前付き合っていた頃の呼び名で呼ぶ
  • 悩みやネガティブな発言を多発する
  • わがままを言ってしまう

このように、あたかも“付き合っている”かのような態度をしてしまうと危険です。

「復縁したい」と確信出来るほど、完全には彼の気持ちは育っていないのですから。

そのような状態で歩み寄ってしまうと、元彼の中に恐怖感を生み出してしまうのです。

復縁は、元彼にとって『一度終わった恋愛の続き』ではなく、『気持ち新たに始める恋愛』です。

早まって気持ちを伝えたり、急に歩み寄ってしまわないようにしましょう。

元彼から追いかけてもらう


ここまでの注意点を踏まえ、次の復縁ステップに進む為には「追いかけたい」と元彼に思わせないといけません。

男性には狩猟本能が備わっていますから、追いかけられるのではく、「追いかける」という行動を起こす中で

「手に入れたい」

「手放したくない」

と強く思うようになるのです。

では、どのようにすると「追いかけたい」という気持ちを生み出せるのでしょうか。

ミステリアスさを演出して追いかけさせる

復縁テクニックの1つとして、ミステリアスな雰囲気を醸し出す事が挙げられます。

  • 連載が続いている漫画本の終わり方
  • アニメやドラマでCMに切り替わるタイミング

これらを思い出してみて下さい。

どちらも「そこで終わるの?!」「その先が気になるのに!!」というタイミングで終わってしまいませんか?

同様に、LINEのやり取りも盛り上がってきた時に返信を遅らせる事で、元彼の中に「もっと話したいのに」「早く続きを話そうよ」という気持ちを生み出し、

  • 元彼からの連絡も増える
  • 今まで以上にやり取りが続き盛り上がる
  • 元彼から話題を振ってくれる
  • デートに誘われる

このような進展が起こるようになります。

彼がまだ知らない自分の一面を見せる

また、効果的な復縁テクニックとして

「新たな一面を見せて追いかけさせる」という方法もあります。

元彼は、あなたのことを熟知していると無意識に感じてます。

他者からはどんなに褒められるような一面があったとしても、そんな魅力を持ったあなたと接する事に慣れてしまっています。

それ故に、復縁したいと思うほど魅力を感じさせ、追いかけてもらう為には

【彼がまだ知らないあなたの一面を見せる】

という事がポイントとなります。

例えば、

  • 彼の趣味や好きな事をあなたも始める
  • 短所を長所に変える
  • 指摘されていた事を直す
  • 苦手を克服する
  • 初挑戦を増やす

と言った取り組みですね。

まだ知らない自分を知ってもらう事で

「こんな一面もあったんだ!」

「他にもまだ知らない事がありそう!」

「もっと〇〇の事を知りたい!」」

興味を高め、彼の方から歩み寄ってくれますよ。

自分磨きも手を抜かず、新しい一面をたくさん身に付けて下さいね。

元彼をデートに誘う

やり取りの中で会話が弾むようになったら、デートに誘いましょう。

とは言え、いきなり

「今度の日曜日にデートして!」

「2人で会おう!」

とストレートに伝えても、彼は二つ返事でOKしてくれないでしょう。

復縁したいという気持ちが育ちきっていない場合は、気持ちの温度差を感じて

「連絡を取ってるから勘違いさせたのかも」

「復縁とか考えてないのに悪い事をしちゃったなぁ」

「もう連絡しない方がいいな」

このように考えられてしまう危険もあります。

デートに誘うとは言え、未練や好意は感じさせないのがポイント。

そのために参考となる、復縁に効果的な心理学を用いた方法をご紹介します。

フット・イン・ザ・ドア


こちらはセールスマンがドアに足を入れることができれば成功するという意味合いからきていて、最初に小さな要求をして、その次に本命の要求をする方法です。

誘い方の例としては、やり取りの流れで

「最近どこに飲みに行ってる?
私はなんだかんだいつも同じお店になっちゃうからちょっと飽きてきちゃったんだよね…」

のように伝え、教えてくれたら

「オススメのメニューは?」

「どんな雰囲気?」

と興味を示し、その上で

「今度連れていってほしいな!」

とお願いする形が挙げられます。

ドア・インザ・フェイス

こちらは最初に受け入れてもらえないような大きな要求をして、一度断らせた上で、本命の小さな要求をする方法です。

一度断った手前、立て続けに断る事に罪悪感を抱いたり、申し訳なく感じてしまうものですから、

  • テーマパークの話題を出す

  • 行きたい姿勢を見せる

  • 友達にも声をかけて、みんなで行こうと誘う

のように活用出来ますよ。

カチッサー効果

カチッサーの語源は、テープレコーダーの再生ボタンのカチッという音と砂嵐のサーという音です。

理由づけをすることにより、頼みごとに正当性を感じ、深く考えずに了承してしまう効果があり、デートのお誘いに於いても

「今度の日曜日にデートしようよ」

と誘うよりも、

「駅前に〇〇の美味しいお店が出来たんだけど、一人じゃ入りずらいんだよね。
今度の日曜日に付き合ってもらえないかな?」

のように誘った方が受け入れてもらえやすいのです。

復縁へと繋げるために元彼の気持ちを先に育てよう!

やり取りが続いているからこそ気を付けないといけない事やするべき事をお話しさせて頂きましたが、いかがでしたか?

やり取りが続いたり、会話が弾むのは元彼の脈ありサインです。

そんな良い状況にあるのですから、焦りや不安から彼の負担になってしまうのは本末転倒ですよね。

元彼の気持ちに沿って、先に彼のあなたへの気持ちを育ててしまえば復縁にも近づけます。

気持ち新たにあなたに恋をしてもらい、復縁を成功させましょう。

元彼とのLINE