離婚した夫婦が復縁するための9つの方法

離婚した夫婦が復縁するための9つの方法
クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月16日(日)まで>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを神秘のタロットカードで解決します。

復縁業界で今注目の復縁タロット占いで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※その場で結果が見れます
※20歳以上の女性限定です

「離婚した夫婦が復縁なんてできないのかな・・・」なんて、自分の気持ちと葛藤していませんか?

確かに離婚した夫婦の復縁や再婚を耳にする機会は少ないです。
レアケースに思えて「難しい」「無理」と感じるかもしれません。

ですが、世の中には実際に復縁し再婚をした夫婦は存在します。

そして、離婚後に復縁を叶えた成功者たちが実践してきたアプローチがあります。

だからこそ気になるのが、離婚した夫婦の復縁確率と、復縁するにはどんな方法が有効なのか?でしょう。

そこでこの記事では、離婚した夫婦の復縁確率と、復縁再婚するための9つの方法をまとめてみました。

離婚した夫婦の復縁確率

離婚から復縁する確率
夫婦の離婚率に関しては厚生労働省で統計を取っていますが、離婚した夫婦同士の復縁確率というのは正式な統計は取られていません。

しかし、こういった夫婦間の離婚・再婚問題を扱うような弁護士事務所のホームページでは、離婚した夫婦の復縁確率は10%程度と記載していたところもありました。

10組中1組と見ると少なく感じる人がほとんどでしょう。

ただあくまでもこれは離婚を扱う弁護士の体感や、実際に案件として担当した離婚問題からの統計からだと考えられます。

ですから「最低でも10%以上の確率で復縁できる」と前向きに捉えましょう。

実際に行動を起こせば復縁の確率をあげられる

離婚してからの復縁再婚は、「復縁するために頑張ろう!」と奮起し、実際に行動する人なら確率を上げることができます。

「最低でも10%以上の確率で復縁できる」ということは、離婚した元配偶者との復縁再婚できる可能性はゼロではないと言うことです。

しかし「どうせ向こうはもう忘れている」「きっと復縁なんて出来ないかも・・・」と思っていると、どんなに復縁したくても結果は伴いません。

一度は夫婦として結ばれ、離婚してしまった今でも「復縁したい」と思えるほど惹かれる相手なんて、人生の中で何人も出会えるものではないはずです。

であれば、一度きりの人生で後悔しないためにも、復縁を叶えるためにひと頑張りしてみるべきです。

離婚した夫婦が復縁するための9つの方法

離婚後に復縁する方法9つ
では、復縁の確率を上げるためにできる方法とはどんなものなのでしょうか。

ここではその方法を9つに分けてご紹介します。

離婚時の条件や今のあなたや相手の状況によって当てはまらないものもあるかもしれませんが、応用できそうなものは応用していきましょう。

どんなケースでも、少しの可能性があるのならそのチャンスを生かせるよう目ざとくしていく人が復縁を叶えます。

復縁方法1:離婚後に疎遠にならないようにする

離婚後に復縁できた夫婦の多くは、離婚をしてから関係に縁が切れるということはほとんどなく、離婚してからも何かとコミュニケーションが取れています。

あくまでも嫌々連絡を取っている・・・という状況ではなく、お互いがなんらかの形で必要としあって連絡を取り合っている関係が理想的です。

例えば、相手の方から子どもの学校行事に行きたいと提案がある、二人で話し合って家族旅行をするといった具合になります。

初めは嫌々連絡を取り合うことになることもあるかもしれませんが、そんな中でも相手の機嫌を損ねないよう気をつけていれば、その内に相手も心を開いて古い友人のような扱いになってきます。

そのために、離婚をしても連絡先を消さない、喧嘩をしない、相手を尊重するような振る舞いなどを心がけましょう。

復縁方法2:相手を褒めたり頼って自尊心を刺激する

人は自分を褒めてくれる人には好印象を持ちますし、頼ってもらえると「信頼されているんだな」と感じ、頼ってくれた相手にも信頼感を持つようになります。

実際に結婚や誰かと付き合うに当たっても、一人で何でもできる人よりも、ちょっと抜けていたり人の手を借りるのが上手い人の方が愛されやすいものです。

そんな人の心理を生かし、頼れることがあれば積極的に頼って、お願い事を叶えてもらえたらここぞとばかりに褒めましょう。

これは先ほどの「離婚をしても疎遠にならない」方法にも繋がっていて、お願い事があれば連絡をする口実にもなります。

ポイント
経済力のアピールには注意

経済力は結婚をする上で非常に重要なポイントであり、少なくとも経済力がない人にはあまり結婚を考えたくないと思うのが普通のことです。

ですから、いくら相手を頼るといっても、金銭的な面で頼りすぎることのないよう気をつけましょう。

復縁方法3:子どもの用事をきっかけに「親」としての協調性を育てる

二人の間に子どもがいるケースに限られますが、子どもの用事をきっかけにコミュニケーションを取っていると、親としての必要性を感じられ、たった二人の親であるあなたにも仲間意識を持ってくれるようになります。

例えば子どもの誕生日に一緒にお祝いをする、親権を持つ方の仕事が忙しい時には代わりに学校行事に参加するなどが当てはまります。

こういった仲間意識を持った人には特別好感を持ちやすくなりますし、離婚時に失われかけた信頼関係をもう一度築くのに最適です。

また、うまくいけば子どもの方から「また家族みんなで暮らしたい」とお願いをされ、復縁再婚を現実的に考えてもらえるきっかけにもなります。

復縁方法4:しつこくしたり、気持ちの押し付けをしないように注意

いくら離婚してからの相手との関係が良好でも、復縁したいからとグイグイいきすぎると引かれてしまいます。

これは普通の恋愛や一般的な人間関係、営業でも同じことです。

何事でも自分にその気がないのに推し進められると、推し進められた方は負担に感じて「嫌だなぁ」とネガティブな印象を持ってしまいます。

ですから復縁のためにも、返事がないのに何度も連絡をしたり、相手にまだ復縁の意識がないのに復縁を促すのは我慢しましょう。

人の心は時間をかけて変わっていくものですので、じっくりと進めていくことが大切です。

復縁方法5:相手を知る

人の心を攻略するのに「相手を知る」ということはとても重要なポイントであり、ここを抑えることで一気に相手の心に近づくことができます。

具体的にどういうことかというと、

  • 例えば仕事で忙しい相手と同じように、パートや家事などを詰め込んで相手の生活の大変さを知る
  • 親戚の子どもを預かり、育児の難しさを知る
  • 自分と性格が違う人と会話をする機会を設け、価値観が違う人と一緒にいる大変さを知る

こういった行いになります。

人の気持ちというのは実際に体験してみないと分からないことも多いですが、一度体験してみると「毎日連絡が来ると返事面倒だな」とか、「疲れてる時ってこうして欲しくなるな」といった相手の気持ちを実体験として理解できるのです。

すると相手に連絡をするタイミングや内容、接し方のヒントが得られますし、相手にとっても「自分の気持ちを理解してくれる」と信用してもらうことができます。

復縁方法6:離婚してからの相手の変化も受け入れる

離婚をすれば生活は大きく変わりますから、もしかしたらあなたの知らない元配偶者の一面を見ることもあるかもしれません。

しかし、そういった点は全面的に認めて受け入れる努力をしましょう。

「昔の方が良かった」「昔は〇〇だったのに」なんて言葉は絶対にNGです。

あなたも離婚の原因を改善する必要があり、人間的な成長をすることになるので、そんな変化を相手に受け入れてもらうことになります。

後々、あなたの成長を相手に受け入れてもらうためにも、まずはあなたから相手を受け入れる姿勢を見せていきましょう。

復縁方法7:離婚の時の約束事を守る

離婚の際に慰謝料、養育費の支払い、面会交流の実施方法などを決めていたのなら、それらを守ることも復縁再婚を目指すためには必要です。

「約束したことを守る」というのは信頼関係を築く上でとても大切なことであり、ここが守られないと復縁以前の問題になってしまいます。

とはいえ、いろんな事情からどうしても約束が守れないような時もあるかもしれません。

そんな場合はそのまま放って置いたりせず、きちんと事情を話して理解をしてもらったり、約束を守れなかった代わりとしてサービスをするなどの誠意を見せましょう。

この一工夫があるのとないのでは、相手にとってのあなたへの信頼度は大きく変わってしまいます。

復縁方法8:「復縁再婚を意識するきっかけ」を逃さない

人には「再婚したいな」「復縁したいな」と思うようなきっかけがあります。

そういったきっかけを逃さずしっかり連絡を取り、会えるチャンスを作っていくことで、相手にも「復縁したい」という意識が芽生えてきます。

具体的にどういったきっかけが復縁再婚を意識するタイミングなのでしょうか。

悪いことが続いている

怪我をしてしまった、仕事でもめてしまったなど、最近悪いこと続きだなと思うような時には、過去の幸せだった時間を思い出してしまうものです。

もし本人からこういった話を聞いた時などは、優しく接してあげることでより「一緒にいたい」と思わせることができます。

ふと心細くなった

特に40代以降のようななんとなくでも老後を考えていく年齢が近づくと、ふとした時に心細くなって復縁を考えるきっかけになります。

幸せそうな家族を見かけた

自分の友人や出かけた時に見かけた家族など、幸せそうな家族を見ると純粋に羨ましく、「離婚しなければ自分もそうだったのかな・・・」と思います。

体調を崩した時

風邪をひいたり入院をした時、独り身の寂しさと結婚相手がいるときの暖かさを痛感するものです。

風邪をひきやすい時期などは注意喚起も兼ねて一言相手に連絡してみてはいかがでしょうか。

誕生日や年末

誕生日や年末には「もう○歳になったんだな」「もう一年も終わりか」など、時間の経過をしみじみと実感します。

それと同時に「もうこれだけ一人でいたんだな」と寂しさを感じ、幸せだった結婚生活を思い出すものです。

経済的に苦しい

夫婦でいれば2馬力だったものが、離婚をして一人になると自分だけでやっていかなければいけなくなります。

そんな経済的な面での負担が膨らんだとき「信頼できる人がそばにいれば・・・」と強く思うものです。

家事ができない

経済的な理由と同じように、自分一人で生活していて「仕事と家事を両立できない」なんて時も復縁再婚を意識しがちです。

復縁方法9:離婚原因を明らかにして必ず改善する

離婚には必ず原因があり、離婚した二人がもう一度結ばれるためにはこの原因を排除することが必要不可欠です。

性格が合わなかった、金銭的な問題があった、子育てに関する考えの違いがあったなど、原因はいろいろあるでしょうし、もしかしたらそれらが複雑に絡み合っているかもしれません。

そういった問題をしっかり見出し、二度と同じ理由でお互いが嫌な思いをしないように改善をして初めて、離婚した二人が復縁するための土台が整います。

理由によっては改善に時間が必要なこともあるかもしれませんが、復縁を焦るあまりにその過程を飛ばしても復縁は叶うことはありません。

改善が必要なことはしっかりと改善をして、成長をしてからもう一度相手に愛されるためのアプローチをしていきましょう。

まとめ

離婚後に復縁する方法まとめ
今回の記事では、離婚した夫婦の復縁確率と、復縁再婚するための9つの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一見難しく感じる離婚からの復縁ですが、確率はゼロではありませんし、そのための手段もご紹介したように幾つも存在します。

何かが一つ終わりを告げた事には必ず意味がありますから、そこから学び、成長をしていきましょう。

冒頭でもお話したように、大切なのはあなたがその可能性に向かって一念発起することです。

あなたのやる気一つでこれから先の生活に愛する人がいる生活を掴むチャンスができまずから、できる限りのことに挑戦してみましょう。

クリスマスまでに復縁したい人必見
20歳以上の女性は必ずご確認下さい。
<12月限定>無料復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みを復縁電話占いで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いピュアリで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。
※無料で登録できます
※20歳以上の女性限定です
離婚した夫婦が復縁するための9つの方法